ismart 一条工務店

「2020」平屋で建てるわが家の間取りのポイント

2020年10月引き渡し予定ですが、今回我が家の間取りのポイントを紹介をしたいと思います。

マイホームでの間取り問題。

家の快適さや、将来の居住までイメージしないといけないので一番悩む部分ではないでしょうか。

簡単には後から変更できないからこそ失敗したくない。

我が家は将来も考え「平屋」という選択をしました。

間取りを決める際に、どんな事を考えて決めていったかなど参考になる部分があればと思います。

では早速いきましょう!

自分
takaです!InstagramYouTubeもやっています。

間取りを制する者は家づくりを制する

マイホームを検討していく中で、当たり前ですが間取りは満足度の高い家にする為には重要です。

平屋なのか、2階建てなのかでも間取りは大きく変わってきます。

ですが、家の間取りを考えるのってマイホームを本格的に考え始めてようやく考え始めませんか?

漠然と子供の事や将来を考えて等、様々な理由があってマイホームを検討しますが、その際には当たり前のように間取りは考えていません。(すいません、我が家はそうでした)

そうなんです!

実際に打ち合わせが始まって進めていくと、生涯過ごすマイホームの大事な部分を決めるのに時間が圧倒的に少ないんです。

それなのに、大体の方が家を建てるのは初めてになる中でもう分からない事ばかり。

「何LDKにすればいいのか」

「LDKは何帖取ればいいのか」

「将来子供は何人の予定でどう部屋を作っていこうか」

少し考えて思い浮かべただけでもうたくさん出てきますよね。

予算が決まっている中で、夢のマイホームを実現させるために何をポイントにして間取りを考えたかを我が家のケースを基にご紹介していきます。

間取りでの優先項目

我が家はまず将来の動線や部屋数を踏まえて平屋にしました。

 

我が家の間取り

その他に我が家がポイントにしたのはこちら。

間取りのポイント

  • 20帖以上のLDK
  • 掃除の手間も考え、不必要な部屋を無くして最低限の部屋数
  • 日常使いもできて、来客にも対応できる和室
  • 書斎
  • 水回りは出来る限りまとめて家事が楽な動線
  • 土地がほぼ正方形なので、全体的にクセが無い正方形か長方形の家

平屋にしたからには、生活動線が楽で家事の負担を減らしたいという考えでした。

その中でも無駄な掃除やメンテナンスが増えないように、遊ばせるような部屋は作りませんでした。

それでは1つずつ解説していきたいと思います。

20帖以上のLDK

今までtakaの実家は昔ながらの「和」の家でその後もアパート暮らしだったので、広い開放感があるLDKに憧れがありました。

その中で最初に設計士さんから提案されたのは18帖のLDK。

18帖のLDKといっても正直どれくらいの広さなのか全然イメージできなかったので、LDKの画像をググって調べまくりました。

自分の新居での生活イメージでは、LDKにいる時間が自然と増えると思っていたので、ゆったり座れる大きめのソファを置きたかったこともあり調べていました。

そこで、一条ブロガーの記事を見ていても20帖以上というのが一つ広さの基準みたいな感じもあったので20帖以上は欲しいとなりました。

最終的に我が家は22.33帖のLDKとなりましたが、インスタ等を見ていると、来客時のぱっと見で広く感じさせるには25~27帖以上は欲しいなと思います。

先日工事中の家の中を見てきましたが、生活する上で丁度よく、無駄が無いという面では22.33帖でぴったりでイメージ通りでした。

画像を見てイメージする事が手軽にできて良いですが、入居宅訪問等で実際の広さを見るのが1番です。

是非、LDK等部屋の大きさを考える際は遠慮せずに営業さんに相談して、理想に近い家に訪問させてもらいましょう。

掃除の手間も考え、不必要な部屋を無くして最低限の部屋数

平屋にしたのは将来を考えての事なので、遊ばせてしまうような部屋を作らないという事も重要なポイントでした。

よく聞くのは、

「2階のあの部屋は使っていない」

「子供が増えたり来客が泊まれるように部屋を作った」

等々…

実際には、1年通してもあまりないようなシチュエーションに対して、部屋を作ってしまうことが多いなという印象が強かったです。

もちろん、後から簡単に部屋を追加したりはできないので、たらればで作ろうとしてしまう気持ちはとても理解できました。

しかし、念のための部屋を作る事にはメリットが少なくデメリットが多いなと思います。

予備の部屋を作らないメリット

  • 掃除がとにかく楽になる
  • 坪数が抑えられる事でコスト削減(他の部屋を広くできる)
  • 部屋が最小限なのでメンテナンスの可能性も下がる

予備の部屋を作らないデメリット

  • 子供が増えたりした際に部屋が足りなくなる
  • 来客が増えると対応できない

予備の部屋を作るメリット

  • 家を建てた後に子供が増えてもそれぞれに部屋を用意してあげられる
  • 急な来客でも対応しやすい
  • 物が増えてきた際の収納スペースに余裕ができる

予備の部屋を作るデメリット

  • 日常的に使用しない可能性が高い
  • 来客時や家族が増えたりした時など、使うシチュエーションが確率論になる
  • 掃除の手間が増える
  • 家具家電が余分に必要になる
  • 坪数増加に伴い予算を圧迫する

日常使いもできて、来客にも対応できる和室

先程、予備の部屋は作らずという事を書きましたが、来客時に全く対応できないのも困りますよね。

そこで我が家は子供が産まれたばかりという事も考え、和室の採用は早い段階で決めていました。

和室に求める事も少ないですが、次の3つのポイントです。

和室採用ポイント

  • 子供を横にして遊ばせられる
  • 来客時の宿泊スペース
  • ソファ以外にも横になったり出来るスペース

基本的には床でもたまには横になったりしたいと思ったのと、来客時の対応といった年間で何回かあるかどうかの場面にも対応でき、普段使いもしやすい事がポイントです。

一条工務店の和室は昔ながらのタイプというよりかは、半畳畳でおしゃれな今どきの和室といった感じです。

LDKと基本的には隣接させると思うのでリビングの延長としての考え方も出来そうですね。

我が家は、来客時の対応も兼ねているのでスリットスライダーで仕切っていますが、2階建て等で来客の部屋があるようなっら畳コーナーという選択肢も良いと思います。

書斎

マイホームにブログや日常のデスクワークが出来る書斎は必須と考えていました。

中にはパソコンをほとんど触らないという方もいると思いますが、その場合は共同のパソコンスペースで十分です。

takaはパソコンで作業をしたり、読書をしたりが好きなので集中できるスペースとして書斎にこだわりたかったです。

あとは何といっても書斎といったら男の「ロマン」もありますからね!(笑)

余談ですが、書斎を採用するにあたってのポイントは電源やLANを適切に配置する事が重要です。

パソコン作業をする際にデスクが散らかっていては作業ははかどりません。

配線の取り回しもしっかり考えていきましょう。

我が家も書斎の後悔ポイントがあり1ヵ所、情報コンセントにしていなかった部分を工事が始まってから変更をお願いしました。

費用は17,000円前後です。

水回りは出来る限りまとめて家事が楽な動線

注文住宅で間取りを決める際の大きなメリットとして、それぞれの家庭の家事に合わせた家づくりが出来る事だと思います。

「洗濯物は外に干すのか、乾燥機で済ませるのか。」

「仕事に行く為に身支度する時はどんなルーティーンで進んでいくのか。」

生活で大切な部分は水回りに表れます。

無駄なく家事をこなしていく事で日々の小さく積みあがっているストレスを軽減できるはず!

我が家はキッチンも含めた水回りをまとめる事で、出来る限り移動を減らしました。

又、家事動線はどうしても生活感が出やす事もあり、まとめて仕切れるようになると家全体がすっきりすると思います。

住みやすい間取りにする為にも、必ず余暇時間を過ごす事だけではなく、家事の事を優先して考えてみてください。

ここでひとつ!これは男目線の意見ですが、

家事をもっと積極的にやろう!

色々な家ブログを見ると、まだまだ旦那が家事を積極的にやる家庭は少なく感じます。もちろんやっている方もいます。

家事ができないからという理由ならまだ改善の余地があると思いますが、「お金をメインで稼いでいるんだから家事はしない」といった古い価値観の人はいませんか?

5億円くらい稼いでいればそれも許しましょう。

でもそうではない方がほとんどですよね?(さすがにそこまで稼ぐ人は少ないですよね?)

せっかくの家づくり。

この家づくりを良いきっかけに、家事の分担を改めて考えてみるのも良いと思います!

takaも子供のころから料理は好きなので料理は進んでしますが、掃除に関してはどうしても身が入らずに綺麗好きな奥さんにやってもらう事が多かったです。

ですが、こんないい機会は無いので、マイホームをきっかけに掃除部門も積極的に参加したいと思います!

掃除もしていく事で掃除関係も今後記事に出来て、奥さんにも喜んでもらえて部屋も綺麗になる!

そんな感じで一石三鳥を目指したいと思います。(笑)

家事もスマートにこなしていけてる令和時代の男になりましょう!

家事を楽しくする為の第一歩として、新しい家電を買う事もおすすめですよ!

土地が正方形なので、全体的にクセが無い形の家

これに関しては所有している土地によっては、そもそもできない方も出てくるかと思います。

マイホームはシンプルに洗礼された感じにしたかったので、変則的な形にはしたくありませんでした。

よくデザイナーズ○○なんて感じで変則的な間取りを見ると、個人的にはごちゃごちゃしていてあまり好みではありません。

なので、正方形に近い形か長方形にして、それぞれバランスよく部屋が配置されているのがtakaの理想です。

よく一条工務店はどの家も同じようなデザインの家になるので、デザイン面が弱いなんてことを言われますが、シンプルなものが好みな我が家にはピッタリだったのかもしれません。

自分

いかがだったでしょうか?

我が家の間取りを考える際のポイントをご紹介してみて改めて思ったのが、とにかく間取りを決めるのは難しい!

あとから変更もできないけど、詰め込みすぎてお金がかかった上で後悔ポイントにもしたくない。

色々な葛藤が出てきますが、何を重視するのか優先順位をつけて決める事が大切です。

間取りに関しては、住み始めて時間が経たないと分からない事でもありますので、一度決めたら振り返らずに前だけ見ましょう!

我が家はいよいよ来週には気密測定です。

いい結果が出ると良いなと期待を込めつつ、結果を楽しみにしたいと思います。

ではまた!

2021/8/22

【一条工務店】悩み抜け!オプション検討・比較編~内装と外装~

自分 いかがだったでしょうか?今回は我が家のオプション検討・比較という事でご紹介しました。 やっぱりオプションを考えている時が一番マイホームを決めていってる感覚があり楽しかったですね! 我が家の奥さんは意外とこだわりが無い部分も多かった為、自分で皆さんのインスタやブログを見て勉強して採用かどうかかなり悩みました。 皆さんこれから夫婦で話し合って決めると思いますので、楽しく仲良くマイホーム計画を進めていくと思います。そんな中で少しでも参考にして頂けると幸いです! 次回は電気、キッチン、その他のオプションの検 ...

ReadMore

2021/9/3

『2020年引き渡し』予算3200万円で建てるi-smart30坪の平屋

突然ですが、「マイホームって本当のところいくらかかるの?」 マイホームを検討する方、現在見積もりを見ている方はそう思う人も多いはず! もちろんハウスメーカーによっても違いますが、予算はどうしても家を建てる上で一番気にするところですよね。 そこで今回は、一条工務店で予算3200万円くらいであればどんな平屋が建つのか、我が家の内容を参考に紹介していきたいと思います!

ReadMore

2021/8/22

マイホームの壁掛けテレビは自分で出来る!手順を完全公開!

マイホームの憧れの1つでもある壁掛けのテレビ。 しかし、毎度のことながらこういうものは費用と工事の手間がネックになる。 でももう大丈夫。 takaが2ヵ所ある壁掛けテレビの工事を自分で行ったその手順の全貌をこの記事で解説して、みんなの壁掛けテレビ工事のハードルを下げていきたいと思う。 メリット・デメリットも一緒に解説してテレビの設置方法について考えていきたい。 是非壁掛け工事は自分で工事をやってみよう!

ReadMore

2021/8/22

【固定費拡大】失敗から学んだ!だから我が家は「楽天モバイル」

自分 いかがだったでしょうか? 我が家はマイホームを検討する際に最初に固定費を見直しました。 せっかくの一生に一度の買い物… 少しでも家にお金をかけられるようにと、一番削減の金額が大きかったスマホの料金を安くするべく楽天モバイルにしてみました。 それぞれスマホも用途が違うのですべての人に合うとは限りません。 自分は不意なことからメインも楽天モバイルに変更しました。 ですが、まだまだ対応エリアが少ないのも事実です。 サブの端末がある人は1年間無料のキャンペーン中に契約して回線速度を試してみたりするのが無難で ...

ReadMore

2021/9/1

【マイホーム】これくらいはしてあげたい!子供部屋が無かった自分が考えた理想の子供部屋

タイトルから突っ込みどころ満載だが、実は子供部屋が無い家で育ってきた。 だが住んでいたのはアパートでもマンションでもなく、昔ながらの一軒家。 そんな子供の頃の体験もあってか、子供には子供部屋を作ってあげることが密かな夢でもあった。 そんな自分が考えた子供部屋としての理想の大きさ、その用途を家づくり中の方と共有していきたいと思う。

ReadMore

2021/8/22

「2020」平屋で建てるわが家の間取りのポイント

2020年10月引き渡し予定ですが、今回我が家の間取りのポイントを紹介をしたいと思います。 マイホームでの間取り問題。 家の快適さや、将来の居住までイメージしないといけないので一番悩む部分ではないでしょうか。 簡単には後から変更できないからこそ失敗したくない。 我が家は将来も考え「平屋」という選択をしました。 間取りを決める際に、どんな事を考えて決めていったかなど参考になる部分があればと思います。 では早速いきましょう! 自分 いかがだったでしょうか? 我が家の間取りを考える際のポイントをご紹介してみて改 ...

ReadMore

2021/8/22

戸建VSマンション今悩んでいるあなたへ

ReadMore

2021/8/22

【必見】マイホームの土地選び

自分 そこで我が家では優先順位を決めて進めていきました。 ここで優先順位と出ましたが、優先順位を考えずすべてを手に入れたい人は方法が一つあります。 それは 『お金を出す事』 皆さん、ここで「は⁉」と思った方もいると思います。 お金を出して解決するのは当たり前やんか。 そんな声が聞こえてきそうです。(笑) 限られた予算の中で自分たちの希望を出来る限り叶えたい。 その為にしっかり自分たちの要望に優先順位をつける事が大切です。 色々な要望がありましたが、我が家が最終的に優先順位をつけて絞ったポイン ...

ReadMore

-ismart, 一条工務店