マイホーム予算 一条工務店

20代の家づくりってどうなの?【結論:我が家は大満足!】家計の見直しポイントも紹介!

まだ若い20代では賃貸に住み続けるのか、マイホームに住むのか。

若いからこそ頭をよぎるこの問題。

今回はそんな悩みに少しでも寄り添えるように、自分自身の事も踏まえて話をしていきたい。

自分
takaです!InstagramYouTubeもやっています。

みんなはどんなタイミングで家を建てるの?

20代での家づくり。

まだまだ若いのにマイホームなんて大丈夫?そんな声をよく聞く。

そんな我が家も夫婦とも20代で家を建てたのだが、タイミングとしては…

  • 結婚した
  • 同棲を始めた
  • 子供が産まれる
  • 親の面倒を見る
  • 貯金がある程度貯まった

大体の人がこんなところだろう。

タイミングは様々であれど状況はまちまちだ。

takaが建てたタイミング

結論:子供が産まれるから。

我が家の場合は2LDKの賃貸アパートに住んでいたがマイホームを決断した。

子供が産まれるからという理由が大きかったが、子育てにおいてマイホームの魅力はかなり大きかった。

子供の夜泣き、走る回る音、のびのびと遊べるスペース。

マイホームが資産とか負債とかの価値観ではなく子供の為の贅沢と考えた。

 

若いうちに建てるメリット・デメリット

メリット

  • 住宅ローンを長期で組みやすい
  • これからの収入予測に対して修正が利く
  • 住宅購入予定であれば早い分だけ家賃負担が少なくなる

デメリット

  • 収入によるが借入額が低くなりやすい
  • ライフプランが変わる可能性(結婚、出産、転勤など)

潜在的なメリット・デメリットはまだあるが、どんな事でも必ずメリット・デメリットは存在する。

それをしっかりと把握して許容できるかが重要になってくる。

家づくりを始めるにあたり

さて、我が家がまず最初に家づくりと聞いて頭をよぎったがお金の問題。

賃貸時代でもしっかり考えていればよかったが、マイホームをきっかけにに家計を真剣に見直した。

見直したポイント

  • 保険(車、医療、生命)
  • 通信費(スマホ、光回線)
  • 利用中のサブスク

保険(車、医療、生命)

自動車保険はかなりインパクトが大きかった。

もう5年近く乗っている車に車両保険がついていたり、オプションがテンコ盛りな保証内容。

通常の保険会社から加入していた事もあり、ネット保険に切り替えた。

2台の車を所有しているが、約14,000円だった保険料は約5,000円まで削減できた。

しかも車両保険以外の補償内容は、ほぼ変わらないときたらそれは驚いた。

今までいかに無関心でざるだったかを痛感。

医療保険や生命保険は掛け捨てならいいが、家自体を自分一人のローンで組むなら団信もあるし積み立て型の生命保険は要らないだろうと解約した。

しかも後で分かった事だが、外貨建ての生命保険はあんまり良くない保険だったよう。

餅は餅屋とはよくいった物だが、投資で積み立てる分と保険はしっかり分けて考える事が重要だった。

保険は商品が結構変わったりするから、現在保険に加入中の人も定期的な見直しは必ず必要だ。


通信費(スマホ、光回線)

通信費は主にスマホ代の見直し。

夫婦そろってauを利用していた。

大手キャリアを使っていた理由はただ1つ。

「昔から使っているから」

これが理由の人意外と多いんじゃないですか?

昨今、国からの要請もありスマホ料金は劇的に変わりつつある。

現在は楽天とdocomoのahamoで契約している。

それぞれでメリット・デメリットはあるがahamoに関しては不便は全くない。

まだ格安SIMに変更していない人は、いいキャリアが出た時に対応できるように

スマホは現金一括購入
メールはGmailなどのPCメールにする

この2点はやっておきたい。

通信費も2人で約17,000円だったのが約6,000円まで削減できた。

簡単に付き10,000円という金額を生み出せると思うと、コスパ最強の節約だ。


サブスク

月々訳が分からないサブスクの引き落としはないですか?

意外と500円とか把握できていない引き落としがあったら要注意!

ショップ店員さんがあわよくば解約を忘れて欲しいなという、悪魔的なダメ元オプションが入っている可能性があるから明細のチェックは必須だ!

takaが加入している主なサブスク

  • YouTubeプレミアム
  • Amazonプライム会員
  • ブログサーバー・ドメイン

だいたいこれくらいで納まっている。

基本的に娯楽の類も含めても、これらのサブスクで大満足できるからいい時代だと常々感じている。

実際の生活

マイホームに住み始めてからはもう本当に快適で"住"環境においての不満は無くなった。

子供の成長を見守る家として、子供が楽しそうに遊んでいるのを見ると本当に大満足。

歩く練習なんかもLDKを広くしたから広々とできた。

しかも一条工務店の家は1年中温度も快適だし、遮音性も高くて光熱費も安い。

広々としたキッチンで夫婦で料理をして過ごす休日…

高級賃貸であればそんな要望が叶う事もあるだろうが、要望とお金のバランスを考えると郊外という事もあって我が家にとってマイホームという選択は本当に良かった。

まとめ:20代からの家づくり

我が家は自分たちがそうだったという事もあって、20代からの家づくりに賛成派。

でも価値観やライフスタイルは人それぞれだから自分でもちろん考えないとダメ。

マイホームは家づくり自体の失敗やお金周りの事など、まず知らない事が多いからちょっと怖い部分もある。

現在は無料で見れるこの「DREAM BLOG」のようなブログや、大手の資料請求などもあるからまずは何よりも先に情報の収集は必至だ。

最大手のタウンライフでの情報収集がたくさんのハウスメーカー等を比較できるから特にオススメ。

takaも実際に資料請求していたが、備考に「メール、電話での営業はNG」などと入れておけばその後のしつこい営業なども無くて安心して進められる。

情報を集めて結果的に建てるも良し、夢を膨らませてカタログを楽しんで終わるも良し!

無料で始める事で選択肢が失われないのは嬉しいポイント。

あと一条工務店の場合は一度住宅展示場に行ってしまうと紹介制度が使えなくなってしまうから、展示場に行く前にまずは自宅で出来る事から始めよう!

一条工務店の紹介制度は20万円前後のオプションのサービスだから侮らない事。一条工務店は値引きをしない事でも有名だから尚更だ。

20代での家づくり。

自分の人生設計、満足度をしっかり考えて検討してみよう。

何か不明点等があればインスタのDMで頂ければお答えします。是非フォローもお願いします。

最高の人生、家づくりを!ではまた!

一条工務店

2021/8/22

「2020」HM選び~上棟の流れ(1年以上かかります)

ReadMore

ismart 一条工務店

2021/9/7

リモートワークで需要増!一条工務店で書斎という名のロマン

皆さんリモートワークしてますか? 正直リモートワークできない会社が多いのが現実みたいですが、どうなんでしょうかねぇ。takaもできない側なんです… ですが、今後はよりリモートワークが普及の方向に進む事が予想されます。 そんな事から今回は、コロナ禍でマイホームでの需要が急増している書斎について語りたいと思います。 この記事を見て書斎のロマンを勝ち取るぞー! では早速本題へGO! 自分いかがだったでしょうか? 書斎1つとっても理想と現実はどうしても出てきてしまう。 でも、限られた中で最善を尽くす事も楽しい。 ...

ReadMore

一条工務店 買って良かった物

2021/10/23

【一条工務店】書斎の作業環境が微妙だからDIYデスクを検討する

一条工務店のフリーカウンターを採用した書斎。 当初は部屋のスペースを有効活用する為に備え付けのデスクを採用したが大きな落とし穴が。 実際にがっつりしたデスクを使ったことが無いと気が付かないポイントだった。 そんなtakaが痛感したデスク選びのポイントと、DIY予定の内容をまとめていきたい。

ReadMore

ismart 一条工務店

2021/8/22

一条工務店 収納サイズまとめ(ワイドカウンター編)

ReadMore

オプション 一条工務店

2021/11/4

【打ち合わせの方必見!】キッチン設備の紹介「ポイントは生産性UP!」

ReadMore

ismart オプション

2021/10/27

【一条工務店】悩み抜け!オプション検討・比較編~電気・キッチン・その他~

ReadMore

一条工務店 口コミ・評判

2021/8/22

実際どうなの?良い評判・オススメのポイント(後編)

自分 いかがだったでしょうか?今回は後編という事でまとめてみましたが、やっぱりマイホームは「おしゃれと快適」が一番ですよね! 一条工務店の良さは本当にたくさんありますが、日常のストレスを軽減してくれる事だと思っています。 自分は出来る限り余計なストレスを感じたくないので、家族円満で楽しく過ごす為にもストレスフリーな夢のマイホームにしたかったので、現状のイメージでは満足のいく家づくりが出来ていると思います。 今回の一条工務店の様々な対応で更にファンになった我が家ですが、これからもみなさんの家づくり、子育てに ...

ReadMore

ismart 一条工務店

2021/9/1

【マイホーム】これくらいはしてあげたい!子供部屋が無かった自分が考えた理想の子供部屋

タイトルから突っ込みどころ満載だが、実は子供部屋が無い家で育ってきた。 だが住んでいたのはアパートでもマンションでもなく、昔ながらの一軒家。 そんな子供の頃の体験もあってか、子供には子供部屋を作ってあげることが密かな夢でもあった。 そんな自分が考えた子供部屋としての理想の大きさ、その用途を家づくり中の方と共有していきたいと思う。

ReadMore

-マイホーム予算, 一条工務店