一条工務店 住み心地

【家づくりで100点は無理!】家づくりで重要なのは妥協ではなく許容する気持ちが大事。【一条工務店の価値を語る】

Xを見ていると家づくりに取り憑かれている人があまりにも多いことに衝撃を受ける。マイホームってなんで建てるんだっけ…

実際にマイホームを建てて住んでいる身として、家をこれから建てる又は住んでいく上で大事なことを改めて考えていきマイホームに取り憑かれている人を救いたい。

taka
taka
takaです!InstagramYouTubeもやっています。フォロー、チャンネル登録もよろしくお願いします!

取り憑かれた施主

家づくりやマイホームでの暮らし取り憑かれている人があまりにも多すぎる。やれC値が◯◯だとか、やれ窓は樹脂がいいのかペアなのかトリプルガラスなのか。住み始めてからも「◯式の節約術でお得に♪」みたいな感じでもうええわと思うくらいに疲れる。こんなことを言うと突き詰めるのが悪いように聞こえてしまうだろうがそんなことはない。ある程度の知識を持たないと消費者としてはカモにされてしまうから”ある程度”は必要なのは理解している。でもそのいい塩梅を越えようといている、あるいは超えてしまっている人があまりにも多い。

では一体なぜそうなってしまうのか。私が考える一番の理由は金銭的に「損」をしたくないからだと思う。

不動産の購入なんて富裕層でない限りは人生においては1回あるか無いかの経験になるし、人生史上最も高額になる可能性が極めて高い。これがまたやっかいだ。基本的に人は失敗を繰り返してものの良し悪しを判断していくことになるのだが、その判断のチャンスがマイホームの購入にはない。だから重要な判断を下すためにとにかく安心材料や納得感を得ようと情報集めに施主は奔走するのだ。

ハウスメーカーや工務店の言われるがままに建てていた昭和から平成の時代。情報がある事が幸か不幸か…私たちは難しい状況に今立たされている。

マイホームの価値

ここで話したいマイホームの価値は金銭的な観点だけではない。マイホームをいうものをどう捉えているのかを考えていきたい。

マイホームと言っても印象は人それぞれで回答は異なってくる。

  • 将来的な家賃を払いたくないからマイホーム
  • 資産性が高い物件を購入し、自宅だが不動産投資の意味合いも強い
  • 家族と過ごす時間の質を上げる為にマイホーム
  • ライフスタイルに合う家が賃貸では無いためマイホーム

その人の生活レベルやスタイルによって当然違いが出てくるのだが、マイホームはあくまでも手段だと言うことを忘れてはいけない。

我が家の場合には子供が生まれるタイミングでマイホームを建てようと決断した。とにかくお隣さんとかを気にしながらの子育てがストレスになりそうという感覚とアパートでの生活に広さ的な部分で限界も感じていた。その上奥さんが潔癖気味なため中古物件は難しく、一戸建ての新築賃貸があればいいのだがそんな都合よくもいかず…

人それぞれだったが前向きであったはずのマイホームの価値や購入理由が打ち合わせを進めていくにつれて薄れていき、損したくない感情や辿り着くことのない理想を追い求めていくことになる。

何が重要なのか

家づくりはとにかく情報だけに惑わされないこと。自分自身の理想や要望と、情報のインプットによって知ったことは分けてノートなどにまとめておくのがおすすめ。

そうでもしない限りは入ってくる情報に引っ張られ過ぎてしまい、十人十色であったはずのマイホームを建てる本当の目的を見失う。インスタ、ブログ、X、YouTubeこの辺りで情報収集を行うだろうが、個人で発信しているような趣味でやっているようなブログが断然おすすめ。本当に専門的なことを理解するのは難しいから、施主の体感で話していることを重ね合わせながらイメージしていく方がいいだろう。

これから長い人生を過ごす家なのだから情報のインプットは3〜4割程度であとは自分の理想に突き進んでいこう。

奇跡の100点じゃなく、一条工務店の85点を選ぶ価値

家づくりに躍起になっているみなさんに声を大にして言いたい。

taka
taka
100点を取るのは絶対無理!奇跡はそう簡単には起きないよ。

これまでにXでもポストしてきたのだが、人生で取り返しのつかない一発勝負でもある家づくりなのに奇跡とも言える100点満点を狙いにいく事がどれだけギャンブルなのか。言葉を選ばずに言えば「気が狂った判断」としか言えない。人生を賭けた選択をそんな低確率なものにベットできる?そもそも自分だけはきっと満点取れると思い込んでる?いやいや、人生でその瞬間しかインプットしないようなマイホームの知識なんてにわかでしかないからむず過ぎる。

だからこそ私は家づくりにおいて安定して85点を取れる一条工務店をおすすめしている。

少し内容の話をすると、一条工務店を選ぶポイントは大きく分けて4つある。

一条工務店のポイント

  • 自社製品が多く、同じ製品を使っている人が多い(情報が多い)
  • 性能の担保する側面から「一条ルール」と呼ばれる厳しいルールが存在する
  • どのラインナップも性能ありきだから好みで選びやすい
  • 基本的に値引きはなく、他人との価格競争に巻き込まれない

私も一条工務店で建てたのだからポジショントークであることは認めるが、もし他にも同じようなスタンスの会社があればどこでもいい。少し余談だが、一条工務店の家に関してはほとんどがフェリピンの工場で製造されており、日本では大枠の組み立てと大工さんによる細かい仕上げの形になるためクオリティーに安定感がある。端的に言えばマイホームを購入する上で本当にQOLが上がるような性能や価格面での平等性が担保されている。これこそが私の考える安定した85点で満足した家づくりができるという考えだ。

家づくりは人生の中でも大きなイベントの一つであり、本当に楽しい時間を過ごすための大切な手段でもある。100点を狙いにいってトラブルを起こしてしまったり、価格と内容が見合わなくて満足度が低かったりではあまりにも酷だろう。SNSの情報に踊らされずに落ち着いて自分たちの求めていることをまとめて家づくりを楽しんでほしい。間違っても変な安心材料のためにC値でマウントの取り合いなんてのはやめてほしいと願うばかりだ。

最後に

taka
taka

今回の記事いかがだったでしょうか。

本当に家づくりに対してもこれだけ情報が溢れていて、日々盛り上がっているなら100点を目指そうとしちゃいますよね。損したくないですし同じHMであっても自分だけは最高の仕上がりであって欲しいなんていう人間の弱さが滲み出てきそうで怖いです。

一条工務店は仕事で言えば公務員のような安定感だと思っています。とにかくある程度要望を伝えて建ったマイホームの満足度は高いのではないでしょうか。目指せ!85点!

ではまた!

2024/6/4

【DREAM BLOG5月号】フィリピン旅行は平和ボケ解消の劇薬。新しい経験が新たな発見になって人生整う

5月はG・Wということもり海外旅行に行ってきた。海外旅行での体験と言うと少し堅苦しい印象にもなってしまうが、純粋に楽しくもあったし刺激的な日々を送れたからいいリフレッシュにもなったからまた仕事を頑張りたいと思う。 そんな中で5月に感じた出来事を踏まえながら語っていきたい。 フェリピン旅行 今年はフィリピンの島に行って田舎を楽しんできたのだがリゾート感満載で宿も安く、日本国内では見られないような街並みに感動した。 ところで皆さんは海外旅行はどのくらい行かれているものなのだろうか。私の場合には25歳の新婚旅行 ...

2024/5/27

【Apple製品】ガチプロじゃなければ無印orAirでOK!YouTuberのProシリーズ信仰に騙されるな!

新型のiPad Proが発表されて盛り上がりを見せているApple製品界隈。以前から思っていて今回の発表で改めて思ったのが「Proは文字通りPro向けの業務用」だという事。 この業務用の響きにロマンを感じるのは最高にいけてると思うのだが、一般的にApple製品を購入しようと迷った時に見るYouTubeがとにかく思想強め。ひたすらProモデルの話しかしないし、まともなレビューも少ない。そんな今だからこそ、Apple製品の中でも無印関係の製品を中心に愛用している私がそのポイントをお伝えしていきたい。 では早速 ...

2024/5/14

【家づくりで100点は無理!】家づくりで重要なのは妥協ではなく許容する気持ちが大事。【一条工務店の価値を語る】

Xを見ていると家づくりに取り憑かれている人があまりにも多いことに衝撃を受ける。マイホームってなんで建てるんだっけ… 実際にマイホームを建てて住んでいる身として、家をこれから建てる又は住んでいく上で大事なことを改めて考えていきマイホームに取り憑かれている人を救いたい。 取り憑かれた施主 家づくりやマイホームでの暮らし取り憑かれている人があまりにも多すぎる。やれC値が◯◯だとか、やれ窓は樹脂がいいのかペアなのかトリプルガラスなのか。住み始めてからも「◯式の節約術でお得に♪」みたいな感じでもうええわと思うくらい ...

2024/5/9

【DREAM BLOG4月号】刺激を求める大人と求めない大人。人生の変化について考える

4月は何かと新しい事が起きがち… でもきっと学校も職場も変化が起きるのは当事者だけかもしれない。先月の生き急ぐに続いて今月号は大人になって刺激を求める意義について考えていく。 大人の危機感 30歳を過ぎていよいよおじさんに突入してきた訳だがとにかく危機感を感じるようになった。何に危機感を感じるのかっていうのが今回の趣旨でもあるのだが、その危機感の正体が日常生活における刺激の無さ。 でもだからといって今の生活に変なストレスを感じたりしているわけでは無い。 家族と出かけるのは楽しいし、子供の成長を見ている事も ...

2024/4/30

【100W以下の充電器特集】流行りのメーカーもいいんだけどさ…コスパを求めて購入した充電器3個を徹底レビュー

このブログをご覧の方はきっと答えられる方も多いだろう。 「自分が普段何WでスマホやPCを充電しているのか」 この毎日のルーティンとも言えるガジェットの充電なのだが、実際には関心のない人があまりにも多すぎる。これは単純に私の周りの場合の話なのか、それとも実際の世の中はこんなものなのかは不明なのだが私は追求したい。 お金をかけずに高速充電がしたい。このロマンとケチとが入り混じった実にわがままな要望を叶えるべく、私が人柱として充電器を3個も購入した。 そもそも同じような用途の充電器を一人で3個も買ってしまったら ...

2024/4/15

【自治会役員に就任!】役員になって見えてきた自治会のメリット・デメリット

マイホームにおける心配事。希望の間取りに予算にハウスメーカー… でも意外と侮れないのがご近所付き合いの始発点とも言える「自治会」問題。加入派の奥さんと非加入の私の意見も参考にしながら考えるきっかけにしてもらえたら嬉しい。 自治会は老害発表会!では早速いきましょう。 自治会の役割 夫婦で割れた我が家の自治会イメージ 私もマイホームに住むにあたって自治会の加入を迫られた。迫られたというのは言葉が悪いかもしれないが、NHKの加入案内並みに自治会の勧誘は来るのが早かった。しかも正直自治会にに対してはいいイメージが ...

2024/4/4

【DREAM BLOG3月号】いつでも気持ちはスタートダッシュ。俺は30代も生き急ぐ。

どうも、takaです。 あっという間の3月。社会人も学生も変化の時期に差し掛かるこの時期ですがいかがお過ごしでしょうか。私はと言うと、今年は色々と仕事もプライベイートも時間の無さを痛感している中で日々もがいています。 もがいている事はさておき、最近では情報が溢れている事で専門的なものであっても消費者側の知識が格段に増えてきたと感じている。私も数年前まではひよこのようなもので、あらゆるジャンルにおいていいようにされていた事は正直何回もある。 今回は消費に関する様々な変化や4月に向けた仕事での成長について語っ ...

2024/3/14

【一条工務店】住み始めて3年!冷静になった今でも最高な一条工務店平家生活を語る

2020年に引き渡されたマイホームも丸3年が経過し4年目に突入。 人生でも最大と言えるマイホームという買い物で、当初はもちろんその嬉しさに舞い上がっていた…でも私としてはよく言われるような「一国の主人」のような感覚よりかは純粋に生活や人生が変化していくことが単純に嬉しかった。 確かに当時もよく調べてマイホーム計画をしていたが、住み始めて4年もするとさすがに冷静な評価が下せる。今だからこそマイホームに関しての本当の満足度を改めて考えてみた。 マイホームは良くも悪くも一生物だから少しでも長期的なレビューに価値 ...

-一条工務店, 住み心地