ガジェット レビュー

【徹底比較】HHKBとKeychronK8Proを使い比べて感じた○つの事!価格差抜きの使いやすさだけならHHKB派!

デスクの中心的存在のキーボード。その中でも人気が高いHHKBとKeychronを愛用しているのだが、キーボードには合う合わないもあるから最適解は人によって違ってくるだろう。

そこで今回はHHKBとKeychronを比較しながら使ってみたポイントをまとめて紹介していきたい。価格差がある比較になるから本当にどこまでこだわりたいのかも踏まえながら、あなたの好みに合うキーボード選びの参考にして欲しい。

taka
taka
takaです!InstagramYouTubeもやっています。フォロー、チャンネル登録もよろしくお願いします!

まずはざっくりとしたキーボードのスペックをおさらい程度に確認していこう。

HHKB Professional HYBRID typeS

Keychron K8Pro

どちらもコンセプトの違うキーボードになるから似ている部分はあまり無い様に感じる。

それではここから使ってみて感じるポイント毎にレビューしていく。
ここからは「KeychronK8Pro」をKeychronと表記。「HHKB Professional HYBRID typeS」をHHKBと表記する。それぞれメーカーでの製品ラインナップは他にも色々ある為、混乱しない様に注意。

キー配列・サイズ感

Keychronに関してはテンキーレスとなっているだけで特別な配列では無いだろう。MacでもWindowsでも使用する事ができ、どちらかと言えばMac寄りな配列ではあるが無難な配列になっている。Fキーも独立しており癖もないから、他のキーボードからも違和感なく移行できる。

それではHHKBはどうだろうか。
有名な話だが、HHKBは配列がかなり特殊でパソコンに疎い方は毛嫌いするレベルだろう。画像の様にそもそもがテンキーレスよりも小さく、最大限キー数を減らしてある65%キーボードと言われているサイズになる。

taka
taka
KeychronにあったFキーとかはどこにあるの?削り過ぎて使いにくくなっただけでしょ…

とまあこんな感じになる。

だがもちろん、存在しないキーも実はちゃんと入力できる様になっており、HHKBの場合にはFnキーと特定のキーを組み合わせる事で別のキーの役割を果たす事ができる。複合キーの時点で「はい、それはめんどくさいです。意味が分かりません。」っという人もいるだろうがちょっと待って欲しい。

HHKBは開発段階から作業効率を最大限に高める為、ホームポジションを崩さない事を大事にして作られているキーボード。だからこそ、ホームポジションが崩れる矢印キーや遠くなりがちなFキーが複合キーになっている。

使ってみて実感できることだが、案外この複合キーには早い段階で慣れる。むしろサイズ感といいキー配列といい手に馴染む感覚になった初めてのキーボードといっても過言ではない。

HHKBに対してそう思えるのにもいくつかの条件はあると思っている。

  • 日本語配列(矢印キーは独立している)
  • Enter横にキーがない
  • キーマップをカスタマイズできる

これらの条件があるからこそ使い勝手にストレスがない。YouTuberのレビューの場合には英語配列のレビューが圧倒的に多い。このレビューは罠だと思っている。

独立した矢印キーとEnter横にキーが無いのは正義

そもそもが英語配列なんていつ使い始めるものなんだ?

仕事がエンジニアで記号や英語の入力がメインというなら理解できるし、そうでない限りは日本語配列の方が断然いいだろう。特に大きいのは矢印キーが独立しているか否か。

普段文字入力が多い様なユーザーからすれば、使用頻度の高い矢印キーまで複合キーになっているとハードルはグッと上がってしまう。独立していることには意味がある。

複合キーに関しては特に自分が普段入力しやすい様にカスタマイズすれば、タイピングでどうしても苦手となりそうな部分は補える。そして昨今あるEnterよりも右側にスペースなくキーが配置されている様なキーボードも個人的には信じられないレベルでありえない。

Enterを気持ちよく押して終わりたいのに更に右にキーがあると誤入力の元になるし、見た目のデザインも美しくない。キーボードサイズが小さいものを買う際にはこのキーの配置はかなり重要だから要注意して欲しい。

Keychronの場合には配列の心配はない。HHKBになるとよく言えば最高の効率を手に入れられる。悪く言えばHHKB以外のキーボードを受け付けなくなってしまうのが悩ましいところだ。

打鍵感・キー荷重

これはHHKB一択。

Keychronに関しては赤軸を購入しているのだが、キーが軽すぎて指の跳ね返りに物足りなさを感じてしまう。HHKBは指への跳ね返りの良さは勿論、よく言われている「スコスコ」という打鍵感が使うごとに指に馴染んてきて最高の感覚を味わえる。

メカニカルなのか静電容量無接点なのかの違いも大いにあるとは思うが、静電容量無接点の打鍵感は変えがたいものがある。あまり近所の店舗で気軽に試せるものではないのが残念だが、この打鍵感の良さが使い込んでいくと実感できるものだから飛び込んできて欲しい。

Keychronの赤軸は軽いタイピング感が特徴的。重いキーが苦手で軽さが欲しい場合にはKeychronの赤軸も選択肢に入ってくるだろう。

駆動電源

これは難しいところだが、私はバッテリーよりは電池の方が好み。そもそもHHKBを買った理由は打鍵感だけではなくて、一生モノになり得る耐久性に魅力を感じた。静電容量無接点方式によるキーの耐久性、バッテリーを搭載しないことでバッテリー劣化を気にしなくていい長寿命な設計。

充電はどうしても劣化するし残量を把握するのがめんどうになる。前述したように、バッテリーにしてしまうと長期間に渡って使用するというロマンは追えなくなってしまう。だからこそ意外と電池で駆動することやバッテリーを搭載していないメリットは大きい。

Keychronも有線接続が可能だしある程度はいけそうなのだが無線での使用には限度がありそうだし、バッテリーを内蔵していると大きな経年劣化は避けられない。

だからこそ長く愛用したい相棒ならHHKBを選びたい所だ。

こんな人にはどっちがおすすめ?

こんな人にはHHKBがおすすめ

  • 長く同じキーボードを愛用したい
  • 静電容量無接点方式のキーが好み
  • コンパクトで持ち運びの可能性もある
  • 特殊配列を楽しみたい・極めたい

こんな人にはKeychronがおすすめ

  • これからキーボードにこだわり始めたい
  • 配列は標準的なものがいい
  • デスクに据え置きで使う予定
  • 軽いキー荷重が好み

キーボード選びに関して

物を買う際にも情報が飛び交うネット界隈。上手く情報をキャッチできれば強い味方だが、惑わされる事も多いだろう。

私がこの記事を通じて伝えたいのは価格やブランドではなく自分に合ったキーボードを選ぶこの一点。

HHKBでもKeychronでもロジクールでもなんでもいい。ただ私含めて発信者の意見は一つの意見にしか過ぎないし、高いものが良くて安いものが全て悪いわけではない。

確かに品質の面ではある程度リンクしてくるのだろうが、自分に合うかどうかは価格でもメーカーでもなく自分の感覚に訴えかけるしかない。

時には良さげだと思って買っても、自分に合わなくて売却を検討しなければならない状況もあるだろう。だがそれでいいと思う。私も様々な買い物をして失敗したからこそ、いまは自分に合った物を高確率で選ぶことができる「買い物上手」の自負がある。

色々な必要条件をインプットしながら最適なキーボードを選んで欲しい。

最後に

taka
taka

今回の記事いかがだったでしょうか?

個人的には長期使用してみても定評のあるHHKBが合っていたので、キーボード探しの旅は終わった感があります。でもさすがに万人に合うキーボードなんてのはそもそも存在しないですからね。

色々な意見がありますのが、デザインで選ぶもよし機能性で選ぶもよしなので好みのキーボードを探してみてください!

この記事が金額やブランドではなく、自分にとってのベストなキーボードが見つかるきっかけになれば幸いです!

ではまた!


【無難of無難】Keychron K8 Proレビュー。こだわり始めるなら安牌にこれ買っとけ!

今ガジェオタ界隈でめちゃくちゃ人気があるKeychron。 私は現在HHKBを愛用しているのでベストキーボード選びについては終わっている。「どうせまたYouTuberのオモチャになってるだけでしょ〜? ...

続きを見る

2024/7/12

【HHKB Professional HYBRIDレビュー】2年以上TYPE-Sを愛用したからこそ分かるHYBRIDとTYPE-Sの比較ポイント3選!英語・日本語配列も比較した上で何を選ぶのがベスト?

キーボード選びのゴールを求めて購入した【HHKB Professional HYBRID TYPE-S】。それも使用してから早2年が経過した。全面的に気に入っていて一生物としてふさわしい名品だったのだが、どうしてもHYBRID TYPE-Sと通常のHYBRIDの違いが気になってしまった。しかもYouTubeやブログにもその比較はあまりにも少なくて、基本的にはstudioかTYPE-SしかないようなくらいにみんなTYPE-Sしか買っていない。そこで気分転換も兼ねて並行して使用できるように通常のHYBRIDを ...

2024/7/2

【DREAM BLOG6月号】他人の民度は自分を写す鏡…安くていいものは幻想の産物でなくてはならない

個人的な最近のテーマは「民度」 でも民度って結構広い意味で使える言葉で意外的確に捉えるのは難しい。今回の月刊ブログではその民度についてと、24時間の使い方を自分勝手に話していく。 takaです!Instagram、YouTubeもやっています。フォロー、チャンネル登録もよろしくお願いします! 民度が気になる 民度って聞いて皆さんは何を思い浮かべるだろうか。個人的にはモラルとほぼ同義だと考えているが、かなり幅広いものになるだろうか。 コンビニなどに立ち寄った際に店員さんに横柄な態度を取らない事や、運転中には ...

2024/6/23

【スマートウォッチ】Apple Watchにはロマンが足りない…脱Apple Watchを検討した末に出した答えは意外な方向に⁈

スマートウォッチと聞いても最近ではつけている人が本当に増えてきて日常に馴染んできたように感じる。そんなことをしみじみ思う私はスマートウォッチ愛用歴が2018年からだから6年目と結構ベテランになってくる。 スマートウォッチの選び方のポイントも伝えたいのだが、今回はちょっとした悩みもあっていよいよスマートウォッチを買い換えようかと思い始めたところ。こうして文章にまとめることで個人の買い替え時にはどのように考えるかをリアルに発信し、スマートウォッチが気にはなってるけど何を買ったらいいのか分からない人にも役立つ有 ...

2024/6/4

【DREAM BLOG5月号】フィリピン旅行は平和ボケ解消の劇薬。新しい経験が新たな発見になって人生整う

5月はG・Wということもり海外旅行に行ってきた。海外旅行での体験と言うと少し堅苦しい印象にもなってしまうが、純粋に楽しくもあったし刺激的な日々を送れたからいいリフレッシュにもなったからまた仕事を頑張りたいと思う。 そんな中で5月に感じた出来事を踏まえながら語っていきたい。 フェリピン旅行 今年はフィリピンの島に行って田舎を楽しんできたのだがリゾート感満載で宿も安く、日本国内では見られないような街並みに感動した。 ところで皆さんは海外旅行はどのくらい行かれているものなのだろうか。私の場合には25歳の新婚旅行 ...

2024/5/27

【Apple製品】ガチプロじゃなければ無印orAirでOK!YouTuberのProシリーズ信仰に騙されるな!

新型のiPad Proが発表されて盛り上がりを見せているApple製品界隈。以前から思っていて今回の発表で改めて思ったのが「Proは文字通りPro向けの業務用」だという事。 この業務用の響きにロマンを感じるのは最高にいけてると思うのだが、一般的にApple製品を購入しようと迷った時に見るYouTubeがとにかく思想強め。ひたすらProモデルの話しかしないし、まともなレビューも少ない。そんな今だからこそ、Apple製品の中でも無印関係の製品を中心に愛用している私がそのポイントをお伝えしていきたい。 では早速 ...

2024/5/14

【家づくりで100点は無理!】家づくりで重要なのは妥協ではなく許容する気持ちが大事。【一条工務店の価値を語る】

Xを見ていると家づくりに取り憑かれている人があまりにも多いことに衝撃を受ける。マイホームってなんで建てるんだっけ… 実際にマイホームを建てて住んでいる身として、家をこれから建てる又は住んでいく上で大事なことを改めて考えていきマイホームに取り憑かれている人を救いたい。 取り憑かれた施主 家づくりやマイホームでの暮らし取り憑かれている人があまりにも多すぎる。やれC値が◯◯だとか、やれ窓は樹脂がいいのかペアなのかトリプルガラスなのか。住み始めてからも「◯式の節約術でお得に♪」みたいな感じでもうええわと思うくらい ...

2024/5/9

【DREAM BLOG4月号】刺激を求める大人と求めない大人。人生の変化について考える

4月は何かと新しい事が起きがち… でもきっと学校も職場も変化が起きるのは当事者だけかもしれない。先月の生き急ぐに続いて今月号は大人になって刺激を求める意義について考えていく。 大人の危機感 30歳を過ぎていよいよおじさんに突入してきた訳だがとにかく危機感を感じるようになった。何に危機感を感じるのかっていうのが今回の趣旨でもあるのだが、その危機感の正体が日常生活における刺激の無さ。 でもだからといって今の生活に変なストレスを感じたりしているわけでは無い。 家族と出かけるのは楽しいし、子供の成長を見ている事も ...

2024/4/30

【100W以下の充電器特集】流行りのメーカーもいいんだけどさ…コスパを求めて購入した充電器3個を徹底レビュー

このブログをご覧の方はきっと答えられる方も多いだろう。 「自分が普段何WでスマホやPCを充電しているのか」 この毎日のルーティンとも言えるガジェットの充電なのだが、実際には関心のない人があまりにも多すぎる。これは単純に私の周りの場合の話なのか、それとも実際の世の中はこんなものなのかは不明なのだが私は追求したい。 お金をかけずに高速充電がしたい。このロマンとケチとが入り混じった実にわがままな要望を叶えるべく、私が人柱として充電器を3個も購入した。 そもそも同じような用途の充電器を一人で3個も買ってしまったら ...

-ガジェット, レビュー