一条工務店 住み心地

【住み心地はいかに】もはや平屋の選択はマイナーでは無くなりつつある。平屋の良さについて改めて考える

もう打ち合わせの頃がなんだか懐かしい…楽しかったけど大変だった何とも言えぬ充実感。

そんな我が家は悩みに悩んで一条工務店で約30坪の平屋を建てた。

このブログを見てくれている方はもうご存知だと思うが、私はこのマイホームが本当に好き。

まさに大満足。

街中で一条工務店ののぼりを見ると何だか嬉しい気持ちになる。

そんなマイホームがとにかく大好きな施主が今だからこそお届けしたい、一条工務店の平屋について熱く語っていきたい。

taka
takaです!InstagramYouTubeもやっています。フォロー、チャンネル登録もよろしくお願いします!

建てないと分からない平屋の印象

平屋を検討中の方は平屋がどのようなもんなのかその印象やメリット等を調べているかもしれない。

よくある平屋の印象

  • 老後も安心
  • ワンフロアが楽
  • 外観はしょぼくならないか心配
  • 年配の方が建てる
  • 平屋って安いんでしょ

正直私の場合はこんな印象だった。

今見ればかなりトンチンカンなことを言っているポイントもあるが、これがリアルな印象ではあった。

ここで結論だが、住み始めてから平屋で不便を感じたりしたことは一度もない。憧れる部分はあっても後悔する部分は全くない。

その何故そう思っているのかも深掘りながら現状の我が家の住み心地、平屋の良さについてを伝えていきたい。

実際にあった平屋のメリット

平屋を建てる際にはメリットやデメリットの羅列はあれども、実際に起きた出来事のリアリティはきっと参考になると思う。

ただリアルな体験なので、全員に当てはまるかは未知数だということは念頭において読み進めてもらいたい。

平屋のメリットを感じる体験

  • 足を手術時した時の快適性
  • 子供が階段を使わなくていい安心感
  • 無駄に音が反響しない
  • 生活動線が圧倒的に楽

これらが実際に起きたり、普段良かったと感じるポイントになる。

足を手術時した時の快適性

完全に個人的な案件だが、入居して1年が経過したくらいで足の手術をすることがあった。

内容自体はそこまで大事ではないが、当然傷口が痛む。

そんな時に何をするにも階段を登り降りしないといけないなんて考えただけでも億劫になる。

とにかくじっとしていたかったけど、生活をしている中ではそういうわけにもいかない。そんな時に平屋のメリットは大きく出た。

階段がないし、廊下もないから移動が最低限で済む。

本当にこれをふとした時に思った時の心境ときたら…

「平屋の選択は大成功だったぜー!!!!!」

なんて感じで傷の痛みとは裏腹に、ただ平屋にしただけの俺大歓喜。

自分の選択が良い方向に出た事に対しての優越感を強烈に感じたのを今でも鮮明に覚えている。

当然選ぶ際にはマイナスの方にベットしたというネガティブな理由では無かったが、結果的に良い方向にいった形だ。

もちろんこんなイレギュラーなことを想定して家づくりを考える必要はないと思うが、一つの実体験として捉えてほしい。

子供が階段を使わなくていい安心感

階段を使わなくていい安心感はとにかく普段の生活の緊張感を和らげてくれる。

昨今、階段からだけではなく高所からの子供の転落事故なども増えてしまっている。

その状況はそれぞれ違うから難しいところだが、子供の行動は想像以上に想定外のことが多い。我が子の場合も、高所だからと思いとどまって落ちないように気をつけるかどうかを問われるときっと難しいと思う。

そんな時に大人が見ていれば大丈夫というのは間違いないようで間違いだと思っている。

子供と二人きりになった時には、お手洗いに行くだけでも子供を一瞬一人にしてしまうことになる。どうしようもないことに思えるけど、実際の子育て中だとここまでケアしていかないと安全は守れない。

それをただ気をつけますというか細い意識の問題だけでは、いつか大事故に繋がってしまうという怖さがある。

これを解決するためには構造的にそうした事故が起きようがない状況にするしかない。

それがそもそも階段がない平屋という選択肢だった。

子供の階段や高所が心配なのは数年の話かもしれないが、その数年が全てでもある。そもそも子供が生まれたことがきっかけで家づくりを始めた我が家からすれば、最優先事項は子供一択だった。

自分たちの老後とかの心配だけなら都心の賃貸マンションとかに住めば良いしどうとでもなる。そんな気持ちからきた平屋の選択だった。

あとこれは何気なく感じたことだけれども、朝起きた時に後から子供が起きてきて走ってくる光景を見ると階段があったらこんな光景もないのかなとも思う。

流石に究極的な目線過ぎて、その為に家を建てたとなるとこいつアホかと思われるかもしれない。だがその為に家を建てたと言ってもいいと思えるくらい子供との時間は大事にしたいと思っている。

無駄に音が反響しない

一条工務店の場合、2階建てのそれも吹き抜けになると音はかなり室内に響き渡る。

これは施主がこぞって言っている注意点だから知っている人も多いだろう。一条工務店の高気密・高断熱の特徴が原因で、音に関しても室内に入れづらいし室外に出にくい。

ところが平家だとどうだろうか。

イメージでは音がどこにいても聞こえてきてしまいそうだが、意外とそうでもない。

我が家の間取りはこんな感じなのだが、書斎にいてもLDKのテレビの音はほとんど聞こえない。結構音を出していても大丈夫なのでこれは意外なポイントで入居してからすぐに検証した。

逆に夜に寝室で寝ていてもそこまで大きな音にしなければ、リビングで何か動画を視聴していても家族を起こしてしまうこともない。正直、廊下なしの平屋にしたことでこの辺は諦めていた部分もあったが、想定外の結果だった。

吹き抜けの代わりに採用した勾配天井も2階があるわけではない平屋に関しては、音に関してのデメリットになることはない様だ。

生活動線が圧倒的に楽

これは先述の足を怪我した時の内容でも触れたが、怪我をしてない状況であっても生活動線がスムーズで楽なのはかなりありがたい。

階段もなく、廊下もない。何か室内でやりたいことがあればすぐにできるし、めんどくさくもならない絶妙な距離感で物事が完了する。

少し表現が難しいが、家が広くなって快適になったが住み心地の動線のスムーズさはアパートやマンションに近しいと思う。ならマンションでいいだろという野暮な意見は無いと思うが、マンションの良さとマイホームの良さを兼ね備えているのが平屋だと思っている。

生活動線の効率化や、普段の生活にそうしためんどくささを感じている人には平屋は最高の選択肢になるだろう。

憧れはある

これ結構インスタとかでも言ってることだが、2階建てへの憧れも正直持っている。

それはそのはず。

あの吹き抜けに大きなFIX窓。オープンステアにときたらもう明るい室内にときめくに違いない。

インスタとかで見るオシャレハウスはもうこの3連コンボで勝ち確だとすら思っている。しかも一条工務店コストもそこまでかかるわけではないし、吹き抜けの分は坪数に含まれなくなるからむしろ減額。

だが、これまで挙げてきた様に平屋のメリットが大きいのも事実。ただマイホームを効率だけ考えて建てるのもつまらなくなってしまう。そのバランスの難しさはありつつも悩んで決めるのだろう。

究極の自己満足

マイホームは基本的には自己満足の世界だ。資産価値が高い物件など注文住宅に求めるのは酷な話で、土地の価値が上がることはあれど建物が上がることは日本には考え辛い。

しかし、この一条工務店で建てた平屋での生活は人生を大きく豊かにしてくれているのは自信を持って伝えられる。

まだまだ圧倒的に2階建ての棟数が多いが、これだけメリットも多く昔ながらのデザイン性が低いイメージも無くなりつつある平屋を選択する人はこれからも増えるだろう。

老後のためというイメージはどうしても世間であるとは思うが、家に住む中で子育て中でもある若い時期が一番大事。現役世代でいる時間をどれだけ豊かに暮らせるのかをよく考慮して家づくりを考えてほしい。

「平屋は老後のためじゃない。今のために平屋を選ぶ」

それがこの記事で伝えていきたい唯一のメッセージだ。

最後に

taka

いかがだったでしょうか?

平屋を選択することへの不安も当初は少なからずありましたが、住んだ結果は大満足しています。

自分が建てたということでポジショントークになってしまっているとは思いますが、冷静に考えても子供の安全面等を踏まえて良かったと思っています!

自分の快適性はもちろんですが、家族との時間をより一層豊かにしてくれるマイホームは改めていいものだなと実感しています。

資産性の面からもマイホームに否定的な意見が増えており、資産性で見るとそれは正解です。ですが、あくまでも豊かにするための消費としっかり認識することで何が自分の価値観と合うのかが分かってくるのかなと思います。

このブログではこの様にマイホームに関する話や、同じ様に生活を豊かにしてくれるガジェットなどの紹介もしていますのでぜひチェックしてもらえると嬉しいです!

2022/11/23

【デスク環境】ハードル意外と低い!トラックボールの定番「M575S」 1年使用レビュー

PCでの作業を快適にする為には入力デバイスへのこだわりは重要なポイントだ。 ノートPCではトラックパッドの使い勝手もかなり向上してきてはいるが、まだまだマウスの方が使いやすい。作業も効率的にこなすことができる。 私も以前は当たり前のように普通のマウスを使用していたのだが、効率化と負担減を期待してトラックボールを導入してみた。 最近ではかなり種類も増えてきて、注目もされているトラックボールを約1年使用してみたからそのレビューをしていきたい。 taka いかがだったでしょうか? 今回は約1年愛用してるトラック ...

2022/11/17

【住み心地はいかに】もはや平屋の選択はマイナーでは無くなりつつある。平屋の良さについて改めて考える

もう打ち合わせの頃がなんだか懐かしい…楽しかったけど大変だった何とも言えぬ充実感。 そんな我が家は悩みに悩んで一条工務店で約30坪の平屋を建てた。 このブログを見てくれている方はもうご存知だと思うが、私はこのマイホームが本当に好き。 まさに大満足。 街中で一条工務店ののぼりを見ると何だか嬉しい気持ちになる。 そんなマイホームがとにかく大好きな施主が今だからこそお届けしたい、一条工務店の平屋について熱く語っていきたい。 taka いかがだったでしょうか? 平屋を選択することへの不安も当初は少なからずありまし ...

2022/11/13

【MacBook】意外と少ない⁉︎ブラックがかっこいいノートPCスタンドレビュー

自作PCからMacBook Proへ買い替えて早5ヶ月。 そもそも私がデスクトップPCからの移行理由といえば子供を見ながらでも作業を進める為。だが一つ解決してはまた一つ課題が見えてきた。 その課題の解決のために今回購入した品物が想像以上に良い物だったので紹介していきたい。 taka 今回は購入したKlearlookのノートPCスタンドをご紹介しました。 個人的にもブラックへのこだわりで色々調べた結果、かなり良いもに出会えたと思います! ノートPCで作業をしている方には「こんなスタンドはプロとかオタク向けで ...

2022/11/13

【森のしずく】2年間の中期レビュー!満足だけどなんでもありでは無い。

我が家は新築で入居時に「森のしずく」にてフロアコーティングを施行した。 一条工務店で家を建てる方なら一度は考えるであろうこのフロアコーティングを施行するのかの悩み。しかし金額がとにかく高い。 そんな高価なサービスだからこそ、短期間では見えてこない経年での変化や注意点などを改めて伝えていきたい。 taka 今回のフロアコーティング「森のしずく」の中期レビュー記事いかがだったでしょうか。 フロアコーティングはいい物なんだから最初から標準にしておいてくれよとは思いますが、さすがにこの金額が全員に乗ってくるのはき ...

2022/11/13

【至高のキーボード】HHKBレビュー!ポイントを押さえれば万人におすすめできる生涯の相棒。

デスクワークをしている人やガジェオタなら必ず通るであろうキーボードの沼。 そしてその沼に必ずあるのがキーボードの最高峰とも言えるHHKB。その至高の所以とは何か。「プロ以外はお断り!」と感じる程に初心者にはとっつきにくいキーボードではあるが、実際のところはどうだろうか。 その理由も含めて今回は記事内で丁寧にレビューしていきたい。 taka 今回のレビューいかがだったでしょうか? 色々ガジェット的な良さがあってこそですが、日本製がいいモノだということが素直に嬉しくて、更に愛用したいと思わせてくれました! 確 ...

2022/11/13

IKEA購入品紹介!インテリアから小物までお買い物が楽しい!

久しぶりにIKEAに行ってきました。 今回もお目当ての物から、以前から迷っていたものまで買い物を楽しんできましたので購入品の紹介をしていきたいと思います。 taka 最後までご覧いただきありがとうございました。 IKEAって本当に色々なものがあってお買い物がとにかく楽しい! 今回初めて店内のレストランも利用したのですが、メニューも豪華で少し海外チックな雰囲気もあって楽しく美味しく大満足でした!レストランだけで利用する人もいるのかな?(食べるのに夢中で今回の食事写真はありません。申し訳ございません。) ご紹 ...

2022/11/13

【一条工務店】我が家の2年訪問。2年で保証が切れるけど不具合は特段ない。

一条工務店にてマイホームを建てて早2年が経過しようとしている。 長い様な早い様な時の流れですが、今回の我が家の2年訪問での不具合ポイントと保証について雑談もしていきたいと思います。 taka 我が家の2年訪問が終わりその内容や今後について書いてみましたがいかがだったでしょうか? 当然無料で済むならそれに越した事はないですが、そんな上手いだけの話は無いと考えないとダメですよね。 よく昔から言われる「ただより高い物はない」とはありますが、色々な角度から考える事でたしかになと思う事ばかりです。 理由なき無料や安 ...

2022/11/14

iPhone単体は微妙⁈Apple製品としての真の魅力

iPhone14が発表されて賛否が分かれてるスマホ業界。 ネット上で出ている声を見たりしていると思う。単純にiPhoneとAndroidで比較しても分かるものなのだろうか。 永遠の話題とも言えるiPhoneとAndroidについて私が考えていることをまとめていきたい。 taka 基本的にはスマホのみしか使用しないライトユーザーにはAndroid。 機種を選ぶのが難しいとかネックはあると思いますが、基本的にはGalaxyで問題なし。だが使いやすくてコスパも考えるならpixelシリーズがおすすめです。他のメー ...

-一条工務店, 住み心地