ガジェット レビュー

【デスク環境】ハードル意外と低い!トラックボールの定番「M575S」 1年使用レビュー

PCでの作業を快適にする為には入力デバイスへのこだわりは重要なポイントだ。

ノートPCではトラックパッドの使い勝手もかなり向上してきてはいるが、まだまだマウスの方が使いやすい。作業も効率的にこなすことができる。

私も以前は当たり前のように普通のマウスを使用していたのだが、効率化と負担減を期待してトラックボールを導入してみた。

最近ではかなり種類も増えてきて、注目もされているトラックボールを約1年使用してみたからそのレビューをしていきたい。

taka
taka
takaです!InstagramYouTubeもやっています。フォロー、チャンネル登録もよろしくお願いします!

購入したトラックボール

購入したのはロジクールから発売されている「M575S」

発売されてから2年以上経過しているが今でもAmazonのトラックボール部門で1位の商品だ。

ロジクールのトラックボールでも上位版として「MX ERGO MXTB1s」もある。こちらの方が上位版だからボタン数などの機能を違ってくるが、お値段が倍以上するからトラックボールの入門として買うにはハードルが高いのだろう。

だからこそ入門の意味も込めてこのエントリー機が手に取りやすい。

でも侮らないで欲しい。エントリー機であっても本当に大満足の使い心地だから最後まで見ていって欲しい。

主な仕様

その中でも汎用性と使い勝手の観点から特に気に入っているポイントがある。

気に入っているポイント

ここがお気に入り

  • 接続方式
  • 形状

接続方式

M575SはUSBレシーバーとBluetoothの2つの接続方式がある。

これまではディスプレイのハブ機能を使ってUSBレシーバーで接続していた。だが作業場所が変わるとUSB-CしかないMacBookの場合は、別途ハブを用意しないとレシーバーは使えない。そんな時にBluetoothでも接続できるのはありがたい。

これが当たり前のようだけれども、両方に対応しているのはかなり重要で使い勝手にも影響してくる。肝心の操作感もいい感じで、Bluetoothであっても遅延を感じることはなく快適に使用することができる。

Bluetooth自体の接続台数は1台なのだが、レシーバーと組み合わせることで2台の機器を切り替える事もできるから使い方のバリエーションも広がるはずだ。

形状

今時はエルゴノミクスで人間工学に基づいて作られているのは珍しくない。むしろなんでもかんでも人間工学で本当に研究されているのかも正直怪しい。

だが使ってみて思うのが、このM575Sは安価なモデルながら自然に手が置けて楽な姿勢を作ってくれる。上から覆い被さるように置くと自然とボタンの位置に指がくるし、トラックボールも指の腹で操作がしやすい。

本体自体に絶妙な傾斜もあり、手を置いた際にも方が窮屈にならずに腕全体が楽な印象。この傾斜も段階があって調整ができるのが上位版にはあるので、さらに細かく調整してみたい方は上位版を検討してみて欲しい。

またこれは手が小さい方に向けてメリットがありそうなのだが、小指側にくぼみがついていたりする。くぼみがあることで指が引っかかり、手の楽な姿勢をサポートしてくれる。

かなり細かい部分まで作り込んである印象で、流石のクオリティだ。

気になるポイント

ここまで他のメーカーの商品と比較してみてもいいなと思うポイントを伝えてきたが、気になるポイントも当然ある。

ここが気になる

  • スクロールのスムーズさ
  • ソフトウェアがポンコツ

スクロールのスムーズさ

ロジクールのマウスの場合Magspeedホイールという無段階の高速スクロールが可能な機能が備わっている。

M575Sは実際問題安価なエントリー機になるから文句は言えないが、スクロールホイールのチープさは正直否めない。ブラウジングなどの際にはスクロールは多用するし、Macの仕様上スクロールを回す速度に応じて移動が変化していくから小さいストレスを感じがち。

ただ、これに関してはトラックボールを選択する場合には上位版にも搭載されていない。かなり長期に渡り販売されている商品でもあるから、今後のリニューアルに期待したい。

ソフトウェアがポンコツ

「Logi option+」になって少しマシにはなったが、どうにも挙動が安定しない。

これは自作PCの時にも不安定な感じはあったから、Macとの相性というわけではなさそう。

せっかくアプリ毎にボタンの割り振りを変更できるのに、動作しない場合が結構ある。今でも少し挙動が安定しない場合にはボタンを複数回押すなどしてなんとか対応している。

作業効率的にもボタンへのタッチは最低限に抑えたいから、早期にアップデートされて欲しいところだ。

トラックボールのメリット

私の考えるトラックボールのメリットは2つ。

トラックボールのメリット

  • 腕を動かさないことで長時間の作業も快適
  • 省スペースでも作業が可能

腕を動かさないことで長時間の作業も快適

よく言われていることだが、長時間にも及ぶPC作業ではかなり差が大きくなると感じる。

通常4時間程度は通しで作業をしており、休憩も取りながら作業をするが疲労感はかなり出てくる。

それも通常のマウスの場合は作業中は都度動かす為に手首だけではなく、腕ごと動かしている。少し悲しい感じもするが、自分の腕を持ち上げたり支えたりするだけでも実際かなりきつい。これが疲労感の根源。

親指だけでの作業も親指疲れないの?と疑問に感じる方もいるだろうが、それが意外と親指に疲労感は感じない。

個人差なのか、私の親指の感覚がイカれているのかは定かではないが親指の筋肉はかなり丈夫らしい。

実際にデスクにあるトラックボールに手を置いてみると、かなりリラックスした状態で操作ができるのは実感できるだろうから、実際に店舗で触ってみるのも大いにアリ。

省スペースでも作業が可能

トラックボールはその特性上本体の場所を動かすことはない。通常のマウスだとマウスを振ってカーソルを操作していくことになるが、トラックボールはその場で親指を使い操作するだけだ。

ホテルやカフェなど、会社や自宅のデスクのように広い作業スペースでマウスを振れるとは限らない場所で作業する可能性があるなら、トラックボールはかなりおすすめできる。

MacBookだとトラックパッドが優秀ではあるが、ボタンに割り振ってあるショートカットキーは使えない。そうなると普段の作業環境と大きく変わってしまう生産性が落ちてしまう。

せっかくデスク周りにこだわって生産性を上げたいのに落ちてしまっては元も子もないので、スペースをマウスよりも選ばずにどこでも使いやすい事は大きなメリットだろう。

トラックボールの懸念点

トラックボールはその見た目から異彩を放つ。

家電量販店でも見かけるようなものだが、冷やかしで触れている以外の人っているのだろうか。

その見た目からガチのPCでご飯を食べていくような人向けか、オタク向けのマニアックな商品だと思われているだろう。

でもここで言いたい。

決してマニアックな一部のユーザーの為じゃないという事。

実際細かいミリ単位のカーソル操作が必要な人には確かに向かないかもしれないが、そうでない場合には全員に一度は使ってみて欲しい。

そう考えるとむしろ一部のプロはお断りの品なのかもしれない。

ライトなPCユーザーは表計算や文章作成、ブラウジングが主なPC作業だろう。それなら尚更そこまで緻密な操作が求められないことが相性の良さに繋がってくる。

「緻密さはいらないけど、長時間PCには触っている」

この環境こそトラックボールが力を発揮する最高のシチュエーションだろう。

最後に

taka
taka
いかがだったでしょうか?

今回は約1年愛用してるトラックボールについてレビューしていきました。

最初は私も手が出せずにいたが、より良いPC環境を求めたからこそ飛び込んだトラックボールの沼。

結果は最高で今後もトラックボールを愛用していきたいと心から思っています。

Logicool製の製品は価格もそこまで高額ではないので、PCで作業をする方には是非一度手に取って欲しいガジェットです。

それでは皆さんも良いガジェット体験を!

ではまた!

2024/6/4

【DREAM BLOG5月号】フィリピン旅行は平和ボケ解消の劇薬。新しい経験が新たな発見になって人生整う

5月はG・Wということもり海外旅行に行ってきた。海外旅行での体験と言うと少し堅苦しい印象にもなってしまうが、純粋に楽しくもあったし刺激的な日々を送れたからいいリフレッシュにもなったからまた仕事を頑張りたいと思う。 そんな中で5月に感じた出来事を踏まえながら語っていきたい。 フェリピン旅行 今年はフィリピンの島に行って田舎を楽しんできたのだがリゾート感満載で宿も安く、日本国内では見られないような街並みに感動した。 ところで皆さんは海外旅行はどのくらい行かれているものなのだろうか。私の場合には25歳の新婚旅行 ...

2024/5/27

【Apple製品】ガチプロじゃなければ無印orAirでOK!YouTuberのProシリーズ信仰に騙されるな!

新型のiPad Proが発表されて盛り上がりを見せているApple製品界隈。以前から思っていて今回の発表で改めて思ったのが「Proは文字通りPro向けの業務用」だという事。 この業務用の響きにロマンを感じるのは最高にいけてると思うのだが、一般的にApple製品を購入しようと迷った時に見るYouTubeがとにかく思想強め。ひたすらProモデルの話しかしないし、まともなレビューも少ない。そんな今だからこそ、Apple製品の中でも無印関係の製品を中心に愛用している私がそのポイントをお伝えしていきたい。 では早速 ...

2024/5/14

【家づくりで100点は無理!】家づくりで重要なのは妥協ではなく許容する気持ちが大事。【一条工務店の価値を語る】

Xを見ていると家づくりに取り憑かれている人があまりにも多いことに衝撃を受ける。マイホームってなんで建てるんだっけ… 実際にマイホームを建てて住んでいる身として、家をこれから建てる又は住んでいく上で大事なことを改めて考えていきマイホームに取り憑かれている人を救いたい。 取り憑かれた施主 家づくりやマイホームでの暮らし取り憑かれている人があまりにも多すぎる。やれC値が◯◯だとか、やれ窓は樹脂がいいのかペアなのかトリプルガラスなのか。住み始めてからも「◯式の節約術でお得に♪」みたいな感じでもうええわと思うくらい ...

2024/5/9

【DREAM BLOG4月号】刺激を求める大人と求めない大人。人生の変化について考える

4月は何かと新しい事が起きがち… でもきっと学校も職場も変化が起きるのは当事者だけかもしれない。先月の生き急ぐに続いて今月号は大人になって刺激を求める意義について考えていく。 大人の危機感 30歳を過ぎていよいよおじさんに突入してきた訳だがとにかく危機感を感じるようになった。何に危機感を感じるのかっていうのが今回の趣旨でもあるのだが、その危機感の正体が日常生活における刺激の無さ。 でもだからといって今の生活に変なストレスを感じたりしているわけでは無い。 家族と出かけるのは楽しいし、子供の成長を見ている事も ...

2024/4/30

【100W以下の充電器特集】流行りのメーカーもいいんだけどさ…コスパを求めて購入した充電器3個を徹底レビュー

このブログをご覧の方はきっと答えられる方も多いだろう。 「自分が普段何WでスマホやPCを充電しているのか」 この毎日のルーティンとも言えるガジェットの充電なのだが、実際には関心のない人があまりにも多すぎる。これは単純に私の周りの場合の話なのか、それとも実際の世の中はこんなものなのかは不明なのだが私は追求したい。 お金をかけずに高速充電がしたい。このロマンとケチとが入り混じった実にわがままな要望を叶えるべく、私が人柱として充電器を3個も購入した。 そもそも同じような用途の充電器を一人で3個も買ってしまったら ...

2024/4/15

【自治会役員に就任!】役員になって見えてきた自治会のメリット・デメリット

マイホームにおける心配事。希望の間取りに予算にハウスメーカー… でも意外と侮れないのがご近所付き合いの始発点とも言える「自治会」問題。加入派の奥さんと非加入の私の意見も参考にしながら考えるきっかけにしてもらえたら嬉しい。 自治会は老害発表会!では早速いきましょう。 自治会の役割 夫婦で割れた我が家の自治会イメージ 私もマイホームに住むにあたって自治会の加入を迫られた。迫られたというのは言葉が悪いかもしれないが、NHKの加入案内並みに自治会の勧誘は来るのが早かった。しかも正直自治会にに対してはいいイメージが ...

2024/4/4

【DREAM BLOG3月号】いつでも気持ちはスタートダッシュ。俺は30代も生き急ぐ。

どうも、takaです。 あっという間の3月。社会人も学生も変化の時期に差し掛かるこの時期ですがいかがお過ごしでしょうか。私はと言うと、今年は色々と仕事もプライベイートも時間の無さを痛感している中で日々もがいています。 もがいている事はさておき、最近では情報が溢れている事で専門的なものであっても消費者側の知識が格段に増えてきたと感じている。私も数年前まではひよこのようなもので、あらゆるジャンルにおいていいようにされていた事は正直何回もある。 今回は消費に関する様々な変化や4月に向けた仕事での成長について語っ ...

2024/3/14

【一条工務店】住み始めて3年!冷静になった今でも最高な一条工務店平家生活を語る

2020年に引き渡されたマイホームも丸3年が経過し4年目に突入。 人生でも最大と言えるマイホームという買い物で、当初はもちろんその嬉しさに舞い上がっていた…でも私としてはよく言われるような「一国の主人」のような感覚よりかは純粋に生活や人生が変化していくことが単純に嬉しかった。 確かに当時もよく調べてマイホーム計画をしていたが、住み始めて4年もするとさすがに冷静な評価が下せる。今だからこそマイホームに関しての本当の満足度を改めて考えてみた。 マイホームは良くも悪くも一生物だから少しでも長期的なレビューに価値 ...

-ガジェット, レビュー