ガジェット レビュー

Qi2充電がそろそろ普及するの?Androidユーザーも侮れないマグネットの世界。MOFTは強化版の一択!

AppleのMagSafe対応アクセサリー。

最近では新規格のQi2も登場してこれからどんどん普及していく…

これらの話を聞いてもピンとこない人もまだまだ多いだろう。

スマホの充電に関して言えば日本人全てが行うと言っても過言では無いだろうが、あまりにも充電に関して無頓着すぎる。

だがこれまで無頓着だった人も従来のQi充電から正統進化したQi2充電の魅力にきっと気づくだろう…もうそんなに時間はない。

これからまた一つの転換期が来る…これからの人もまだ遅くない!乗り遅れるな!

taka
taka
takaです!InstagramYouTubeもやっています。フォロー、チャンネル登録もよろしくお願いします!

ワイヤレス充電とMagSafe充電

ワイヤレス充電は既にかなり広まっているが、新しいワイヤレス充電として馴染みのある言葉で言えばMagSafeだろう。

iPhone12からMagSafeが搭載されたのだが、当初はマグネットで充電ができることで既存のワイヤレス充電とどんな差があるのか懐疑的だった事を今でも覚えている。

taka
taka
充電なんかマグネットで出来なくても別にいいし、こんなんじゃiPhone12もマイナーアップデートだよな!

こんなレビューが飛び交った。だが、今はどうだろうか。

各社がしのぎを削って販売したアクセサリーによって大きな付加価値へと変わっていった。

iPhoneは何をやるにも時代の先を行きすぎて理解されないことがどうしても多い。少し頭のおかしいロマン溢れる企業だと思う。

そもそもQi2ってなに?

まあQi2ってなに?ってところからまずは入りたいのだが、そもそもQi規格なんていうものを認識しているリアルな知り合いは一人もいない。

言わばガジェオタだけが認識しているオタク用語のようなものだ。

Qi2を簡単に言えばスマホの裏にマグネットでピタッと付けて行う無線充電の事で、無線充電でありながらも最大15Wの急速充電に対応していることも大きな魅力だ。

ベースはMagSafeでなんちゃらとか小難しい大人の事情はあるのだが、ユーザーはそのメリット・デメリットが分かっていればいいだろう。

taka
taka
これまでのワイヤレス充電の欠点でもあった「ズレる・充電が遅い」を改善したものだとざっくり認識すればOK!

まだQi2認証を受けた製品はbelkin製の充電器の一部に限られてくるが、イメージはMagSafeだからこれから便利なアイテムが増えてくるはずだ。

ワイヤレス充電のデメリット

デメリット

  • スマホや充電器によって位置がシビアな場合がある
  • 充電速度が遅い
  • 充電以外には用途が無い

MagSafeのメリット

メリット

  • マグネットでの吸着のため、充電位置等のずれがなくなる
  • スタンド型の充電器が便利
  • 充電以外にもウォレット等の便利アイテムが使える

充電以外の恩恵が侮れない

ざっくりとマグネットによる充電のメリットを話してきたが、日常使いにおいて侮れないのはそのマグネットを使ったアクセサリー類。

これまでもMagSafeを使い倒すためにいくつかMagSafe関連のアクセサリーを買ったから紹介したい。

Ulanzi/卓上スタンド

高さ調整もできる卓上のスタンドでダイニングやキッチンでの動画視聴がとにかく捗る!モニターアームと同じ理屈だけど目線を上げることが重要。

ESR/ウォレットスタンド

基本的には良い製品でスタンドにもなるウォレット。質感もいいのだがバンカーリングの代わりになる訳ではないのでどうしても手馴染みが悪い。厚みも結構出てしまうことがネック。

MOFT

一番おすすめのMOFTのスタンド。
「スタンド・バンカーリング・カード入れ」の3役をこなす優れもので磁力もかなり強力。注意点は磁力の強化版と普通版があって左側が強化版。購入の際にはくれぐれも間違えないように。

belkin/MagSafeマウント

アップデートによってiPhoneがWEBカメラとして対応したことから登場した製品。一見便利そうに感じるのだがモニター上に付けると目線が合わずに使用方法が難しい印象。方向性は便利で面白いから今後は最適解を探していきたい。

SINJIMORU/スタンド

見た目のオシャレさに惹かれて購入。シリコン部分に入れてiPhoneを持つ分にはいいが、シリコン部分が心許ない為にスタンドとしての使用は厳しい。絶妙に立ち位置が中途半端な製品。

UGREEN/車載用充電器

車載用のアームがついた充電器。車に乗った際にはマグネットなので挟み込む必要もなく手軽に充電ができるから車によく乗る人には推したい。プラドは設置場所が無い為、専用のプレートを使うと綺麗に設置できるからおすすめ。

NANAMI/3-in1充電器

見た目が少しプラスチック感が強くて安っぽい以外は不満なし!充電も安定してできているし、3-in1充電器としてはかなり安価でコスパ最強。今は販売されていないのが実に惜しい一品。

DJI/スマホジンバル用スマホホルダー

DJI純正の挟み込むタイプの金具もマグネットの金具も使い勝手が悪すぎて購入。ジンバルの装着が楽になり使用するハードルがかなり下がった。
今の所落下したりする気配はないが、ぜひDJI純正で作って欲しい。

Ulanzi/MagSafe対応スマホホルダー

これはスマホを三脚に付ける人ならかなりおすすめ!車載もそうだが挟み込む形はやっぱり不便だし、マグネットにて代替できるならしてしまった方が良い事例の一つ。

端末のマグネットを利用したアクセサリーは着脱が簡単で日常的に使っていても億劫にならないのが実に良いポイント。

まず1つ持つならMOFTがおすすめ

この中でも一番のおすすめはMOFTのMagSafe対応スタンド。

おすすめポイント

  • リングとしての持ちやすさ
  • 薄型で未使用時も手に馴染む
  • スタンドの安定性
  • カード収納も可能
  • 磁力が強く安心

MagSafeのスタンドとして欲しい機能はとりあえず詰め込まれており、レベルも高い。

だが一つ注意点はMOFTの場合には強化版と通常版があるのだが、必ず強化版を選んで欲しいと思う。

これはiPhone13miniからiPhone15に買い換えた際に一緒にケースも買ったのだが、磁力が弱く使用中にiPhoneを落としそうになる瞬間が頻発した。

困って調べたら何やら強化版が売っているとのことで即買い替えたら改善した。

taka
taka
強化版作るくらいなら分かりづらいし、全部強化版にしてくれればいいのに…一度失敗させておいて追加購入の流れを‥おっと誰か来たみたいだ。

当然説明文にも強化版とは記載があるだろうが、マグネット部分の形状も変更されているからよく見てから購入して欲しい。

androidスマホでも今すぐ体験できる

MagSafeはAppleの規格なのだが、androidスマホでもなんちゃってQi2を体感することはできる。それを可能にするのがMagSafeに対応させる為のケースだ。

先日私が購入したGalaxyS22はワイヤレス充電に対応はしているが、MagSafe充電には当然対応していない。

実際にMagSafe対応のケースを装着して使ってみたら使い勝手はほぼそれになった。

欠点と言えば端末側には磁石が入っていない為ケースの装着は絶対になるし、磁力もiPhone15と比べたら少し弱い。

だが先ほど紹介したスタンドや車載充電器にも装着できるようになってかなり便利になったからおすすめ。

ワイヤレス充電対応のスマホを使っている場合にはぜひケースをAmazonでポチってみて欲しい。

MagSafe・Qi2のまとめ

Qi2に関するまとめ

  • ワイヤレス充電の欠点がかなり改善されている
  • 充電よりもアクセサリーの便利さが上かも?
  • MagSafeよりもQi2は安価になる期待大(MagSafeのライセンス料金が不要になると予想)

最後に

taka
taka

これからQi2がもっと普及してくるだろうと思うけど、もう既にMagSafeアイテムが思いのほか買っていて生活に馴染んていたことにびっくりしました。笑

そのうちもう充電スピードが早くなりすぎて5秒とかになったり、そもそも充電に変わる何か新しい仕組みでデバイスが動いたりすると面白いですね!

「まだ充電はケーブルでやるし、そもそも充電が何Wなのかとか気にもしなかった…」

そんな方が少しでも今回の記事を読んでガジェットにワクワクしてもらえたら幸いです。

スマホが高性能化して頭打ち感がある中で、さらに使いやすくなる為に充電・バッテリー関係の進化には今後も期待したいですね。

一緒にガジェットを楽しみましょう!

ではまた。

2024/5/27

【Apple製品】ガチプロじゃなければ無印orAirでOK!YouTuberのProシリーズ信仰に騙されるな!

新型のiPad Proが発表されて盛り上がりを見せているApple製品界隈。以前から思っていて今回の発表で改めて思ったのが「Proは文字通りPro向けの業務用」だという事。 この業務用の響きにロマンを感じるのは最高にいけてると思うのだが、一般的にApple製品を購入しようと迷った時に見るYouTubeがとにかく思想強め。ひたすらProモデルの話しかしないし、まともなレビューも少ない。そんな今だからこそ、Apple製品の中でも無印関係の製品を中心に愛用している私がそのポイントをお伝えしていきたい。 では早速 ...

2024/5/14

【家づくりで100点は無理!】家づくりで重要なのは妥協ではなく許容する気持ちが大事。【一条工務店の価値を語る】

Xを見ていると家づくりに取り憑かれている人があまりにも多いことに衝撃を受ける。マイホームってなんで建てるんだっけ… 実際にマイホームを建てて住んでいる身として、家をこれから建てる又は住んでいく上で大事なことを改めて考えていきマイホームに取り憑かれている人を救いたい。 取り憑かれた施主 家づくりやマイホームでの暮らし取り憑かれている人があまりにも多すぎる。やれC値が◯◯だとか、やれ窓は樹脂がいいのかペアなのかトリプルガラスなのか。住み始めてからも「◯式の節約術でお得に♪」みたいな感じでもうええわと思うくらい ...

2024/5/9

【DREAM BLOG4月号】刺激を求める大人と求めない大人。人生の変化について考える

4月は何かと新しい事が起きがち… でもきっと学校も職場も変化が起きるのは当事者だけかもしれない。先月の生き急ぐに続いて今月号は大人になって刺激を求める意義について考えていく。 大人の危機感 30歳を過ぎていよいよおじさんに突入してきた訳だがとにかく危機感を感じるようになった。何に危機感を感じるのかっていうのが今回の趣旨でもあるのだが、その危機感の正体が日常生活における刺激の無さ。 でもだからといって今の生活に変なストレスを感じたりしているわけでは無い。 家族と出かけるのは楽しいし、子供の成長を見ている事も ...

2024/4/30

【100W以下の充電器特集】流行りのメーカーもいいんだけどさ…コスパを求めて購入した充電器3個を徹底レビュー

このブログをご覧の方はきっと答えられる方も多いだろう。 「自分が普段何WでスマホやPCを充電しているのか」 この毎日のルーティンとも言えるガジェットの充電なのだが、実際には関心のない人があまりにも多すぎる。これは単純に私の周りの場合の話なのか、それとも実際の世の中はこんなものなのかは不明なのだが私は追求したい。 お金をかけずに高速充電がしたい。このロマンとケチとが入り混じった実にわがままな要望を叶えるべく、私が人柱として充電器を3個も購入した。 そもそも同じような用途の充電器を一人で3個も買ってしまったら ...

2024/4/15

【自治会役員に就任!】役員になって見えてきた自治会のメリット・デメリット

マイホームにおける心配事。希望の間取りに予算にハウスメーカー… でも意外と侮れないのがご近所付き合いの始発点とも言える「自治会」問題。加入派の奥さんと非加入の私の意見も参考にしながら考えるきっかけにしてもらえたら嬉しい。 自治会は老害発表会!では早速いきましょう。 自治会の役割 夫婦で割れた我が家の自治会イメージ 私もマイホームに住むにあたって自治会の加入を迫られた。迫られたというのは言葉が悪いかもしれないが、NHKの加入案内並みに自治会の勧誘は来るのが早かった。しかも正直自治会にに対してはいいイメージが ...

2024/4/4

【DREAM BLOG3月号】いつでも気持ちはスタートダッシュ。俺は30代も生き急ぐ。

どうも、takaです。 あっという間の3月。社会人も学生も変化の時期に差し掛かるこの時期ですがいかがお過ごしでしょうか。私はと言うと、今年は色々と仕事もプライベイートも時間の無さを痛感している中で日々もがいています。 もがいている事はさておき、最近では情報が溢れている事で専門的なものであっても消費者側の知識が格段に増えてきたと感じている。私も数年前まではひよこのようなもので、あらゆるジャンルにおいていいようにされていた事は正直何回もある。 今回は消費に関する様々な変化や4月に向けた仕事での成長について語っ ...

2024/3/14

【一条工務店】住み始めて3年!冷静になった今でも最高な一条工務店平家生活を語る

2020年に引き渡されたマイホームも丸3年が経過し4年目に突入。 人生でも最大と言えるマイホームという買い物で、当初はもちろんその嬉しさに舞い上がっていた…でも私としてはよく言われるような「一国の主人」のような感覚よりかは純粋に生活や人生が変化していくことが単純に嬉しかった。 確かに当時もよく調べてマイホーム計画をしていたが、住み始めて4年もするとさすがに冷静な評価が下せる。今だからこそマイホームに関しての本当の満足度を改めて考えてみた。 マイホームは良くも悪くも一生物だから少しでも長期的なレビューに価値 ...

2024/3/6

【DREAM BLOG2月号】情報が溢れるのは幸か不幸か…選択のセンスが問われる令和新時代

2024年の2月は閏年ということもありちょっぴりお得な1ヶ月に。 ちょっと雑談だけど、閏年は太陽の周りを周っている地球が1週するのが365日。だがこれも少し誤差があってその誤差を埋める為の日が4年に一度の閏年。 要するに、1年間で6時間ズレている計算になる。 どんなことでもしっかりとした理由があるのだと改めて知る良いきっかけになった。 何でもない事だがこういった世の中の疑問を調べることから知識は蓄積されていく。 2月号は情報を選択するということにフォーカスして振り返っていきたい。 性能に溺れる一条民 最近 ...

-ガジェット, レビュー