ガジェット レビュー

【音質改善】最上級ではないが最高に無難。Blue yetiレビュー

オンライン会議、FPSゲームなど家庭でも様々な用途で使うようになったマイク。しかもそれに加えてYouTubeも始めたもんだから音にこだわりたくなってくる。

そこで今回は俺が新しく購入して大満足しているマイクを紹介していきたい。

taka
takaです!InstagramYouTubeもやっています。フォロー、チャンネル登録もよろしくお願いします!

Blue yeti

今回購入したマイクはこちら「Blue yeti」

Blueというメーカーは2018年にキーボードやマウスなどのPC機器で有名なロジクールが買収したマイクメーカーだ。

見て分かるようにとにかくデザインも重厚感があって所有欲を満たされる。ガジェットは使い勝手がもちろん一番重要だが、その見た目も作業する上では無視できない重要な要素になってくる。

そんなイケてる見た目のマイクの性能はどうなのか詳しく紹介していきたい。

yetiのチェックポイント

  • 指向性
  • コンデンサーマイク
  • USBマイク
  • マイクモニタリング
  • スタンド仕様
  • Blue VO!CE対応

指向性

まずは指向性の紹介からしていきたい。

指向性は4種類から選択できるからそれぞれの特徴はこちら。

単一指向性


単一指向性は純粋に正面音をしっかり拾ってくれるモード。

基本的には一人で収録したり会議用のマイクで使用する場合はこのモードがベストになる。

無指向性


無指向性は360度の全方位の音を均一にとらえてくれるモード。
全方位の音だから複数人での会話やコーラスなどの場面で活躍する。まあ言ってしまえば俺みたいに友達が少ないボッチには関係ない指向性だ。

双指向性


双指向性モードはマイクの前後の音を拾うモード。
主に対面での収録で力を発揮する。あんまり関係が無い人も多いだろうしさっきの理由と同じだから以下省略。

ステレオ


ステレオモードは複数の音をリアルに表現してくれて、音への没入感も高めてくれるようなモードになる。

指向性は様々だが1人での収録であれば単一指向性かステレオの2択になってくるだろう。

俺の場合現状では単一指向性で様子を見ているが今後ステレオも試してみたい。

コンデンサーマイク

マイクの種類には主に2つある。

  • コンデンサーマイク
  • ダイナミックマイク

これは突き詰めていくとかなり細かくなってしまうから大部分だけ押さえておけばOK。

コンデンサーマイクのメリット

  • 収音性が高い
  • 指向性の切り替えによって様々な表現が出来る
  • 繊細でクリアな音を表現しやすい

コンデンサーマイクのデメリット

  • 湿気や衝撃に弱い
  • 収音性が高すぎて環境音も入りがち
  • 電源をとる必要がある

ダイナミックマイクのメリット

  • マイクの周りだけの音を的確に収音してくれる
  • 湿気や衝撃に強い
  • 電源供給が基本的に不要
  • マイクとの距離によって力強い音の表現ができる

ダイナミックマイクのデメリット

  • 複数人での収音には弱い
  • 高音域の感度が悪くなりがち

USB接続


このyetiはUSB接続のみで簡単にパソコンに接続が可能だ。

USB接続でない本格的なマイクの場合はオーディオインターフェースという機器を別途用意しないと収録が出来ない。これは出費の面や気軽に使いたいユーザーにとってはマイナスのポイントだ。

USB接続のみで電源供給や専用ソフトへの対応も可能だから、気軽さを求めるなら必ずUSBマイクを選択しよう。

マイクモニタリング


yetiには本体の下にオーディオジャックが搭載されている。そこそこのマイクにはある機能だが、これがある事で遅延なく自分の声をモニタリングできる。

ナレーションの収録をする際、自分の声を聴きながら収録する方が話やすいと個人的には感じている。エフェクトの感じであったり、話してる雰囲気などを感じられるこの仕様は地味だけど外せない機能だと思う。

スタンド仕様


yetiにはマイクアームで固定して使う方法と、標準の付属スタンドで使うパターンの2つのスタイルがある。

今までのマイクはアームにつけて使っていたが、yetiのスタンドに魅力を感じてスタンドのみの標準タイプを購入した。重量もかなりあってずっしりしているし、角度の調整も左右のダイヤルを緩めるだけで自由自在だ。

実際に使用する際も高さがかなりあって自然と口元にマイクが来るのも気に入っている。この横からのフォルムもかなり秀逸でオシャレなマイクに仕上がっているからもう最高だ。

でもBlueの純正マイクアームはシンプルなデザインが人気の定番マイクアームでもあるから、アームの魅了も勿論捨てがたい。

しかもこのyetiのみマイク+ショックマウント+アームのセットでの販売もされており、個別で購入するよりもかなり安くなっている。アームを使う可能性もあるならこっちの選択肢も必ず検討してみて欲しい。

注意

マイクアームセット購入の場合は標準のスタンドは付属しない

Blue VO!CE対応

これまでは「Logicool G HUB」という音質調整やエフェクトの調整のソフトウェアは、yetiの上位機種のyetiXのみしか対応していなかった。

個人的にはこのソフトウェアの機能性がかなり魅力であった為、購入時にはかなり悩んだ。

だが購入前に色々調べている中で、公式ホームページではなんとyetiも対応機種に入っているじゃないか。アマゾンでは非対応になったままだったからそれを信用してしまうところだった。

それに音質の比較をYouTubeで行った上で、個人的には無印yetiの方が好みだったからもう願ったり叶ったりの決め手のポイントになった。

実際の使用感

個人的に感じた大きなポイントは3つ。

  • 音質
  • 収音感度
  • ノイズ除去

音質

音質はスッキリとしたクリアな音だが、ダイナミックマイクの様な少し太めの声にも感じる。

ざらつきとかはもちろん無いが、聞くに堪えないような俺の声もイヤホンで聞ける位に頑張ってくれる。自分で言うのもなんだけど、安価なイヤホンで収録している時には自分の動画の音声を聞くのが苦痛だった(笑)

それ故に音声を入れたくてもなかなか入れられなくてテロップでごまかしていた。(ごまかせていたかは不明)

収音感度

マイクのゲイン調整次第ではあるけれど、最上級に収音してくれるマイクだと思う。これだけ収音してくれると、声の拾い漏れや変に声を張ったりしなくても収録が出来る為安定したナレーションが出来る。

プロの場合は自分の加減で安定した声を出すのだろうけど、俺はデバイスの力をフルに活用して、少しでもいい物を皆さんに届けていきたいと思う。

ノイズ除去

ノイズは環境音もそうなのだけど一番気になるのは自分の呼吸音。これが一番のノイズ。

安価なマイクだと息継ぎの音が全てマイクに入ってしまい、編集も不可能なレベルにまで達するから相当ストレスだった。

それがyetiだとクリアな音が入りこうしたノイズが気にならないくらいにまでカットされている。これは本当に嬉しいポイントで手軽に収録できるようになった。

まとめ

こんな人にyetiを検討して欲しい

  • 自分の声質に自信が無い
  • USBで手軽に接続したい
  • モニタリングしながらマイクを使用したい
  • マイクのデザインもこだわりたい
  • 適度なノイズをカットしてクリアな音が欲しい
  • 複数人で使用する場面がある
  • 安価なマイクからグレードを上げてみたい

このyetiを購入する際にはyetiX以外にもSUREのMV7も検討していたが、価格が3万円以上と入門編と呼ぶにしては高い。このyetiは2万円弱とかなり安くてハイクオリティなマイクが手に入る。

別に収録とか会議の音質なんてあんまり必要なくて最低限でいいんだと侮っている人には是非使ってみて欲しい。

その会議、そのミーティング、その収録で人生が変わるかもしれないから。

最高の音を手に入れよう!

ではまた!

2022/11/23

【デスク環境】ハードル意外と低い!トラックボールの定番「M575S」 1年使用レビュー

PCでの作業を快適にする為には入力デバイスへのこだわりは重要なポイントだ。 ノートPCではトラックパッドの使い勝手もかなり向上してきてはいるが、まだまだマウスの方が使いやすい。作業も効率的にこなすことができる。 私も以前は当たり前のように普通のマウスを使用していたのだが、効率化と負担減を期待してトラックボールを導入してみた。 最近ではかなり種類も増えてきて、注目もされているトラックボールを約1年使用してみたからそのレビューをしていきたい。 taka いかがだったでしょうか? 今回は約1年愛用してるトラック ...

2022/11/17

【住み心地はいかに】もはや平屋の選択はマイナーでは無くなりつつある。平屋の良さについて改めて考える

もう打ち合わせの頃がなんだか懐かしい…楽しかったけど大変だった何とも言えぬ充実感。 そんな我が家は悩みに悩んで一条工務店で約30坪の平屋を建てた。 このブログを見てくれている方はもうご存知だと思うが、私はこのマイホームが本当に好き。 まさに大満足。 街中で一条工務店ののぼりを見ると何だか嬉しい気持ちになる。 そんなマイホームがとにかく大好きな施主が今だからこそお届けしたい、一条工務店の平屋について熱く語っていきたい。 taka いかがだったでしょうか? 平屋を選択することへの不安も当初は少なからずありまし ...

2022/11/13

【MacBook】意外と少ない⁉︎ブラックがかっこいいノートPCスタンドレビュー

自作PCからMacBook Proへ買い替えて早5ヶ月。 そもそも私がデスクトップPCからの移行理由といえば子供を見ながらでも作業を進める為。だが一つ解決してはまた一つ課題が見えてきた。 その課題の解決のために今回購入した品物が想像以上に良い物だったので紹介していきたい。 taka 今回は購入したKlearlookのノートPCスタンドをご紹介しました。 個人的にもブラックへのこだわりで色々調べた結果、かなり良いもに出会えたと思います! ノートPCで作業をしている方には「こんなスタンドはプロとかオタク向けで ...

2022/11/13

【森のしずく】2年間の中期レビュー!満足だけどなんでもありでは無い。

我が家は新築で入居時に「森のしずく」にてフロアコーティングを施行した。 一条工務店で家を建てる方なら一度は考えるであろうこのフロアコーティングを施行するのかの悩み。しかし金額がとにかく高い。 そんな高価なサービスだからこそ、短期間では見えてこない経年での変化や注意点などを改めて伝えていきたい。 taka 今回のフロアコーティング「森のしずく」の中期レビュー記事いかがだったでしょうか。 フロアコーティングはいい物なんだから最初から標準にしておいてくれよとは思いますが、さすがにこの金額が全員に乗ってくるのはき ...

2022/11/13

【至高のキーボード】HHKBレビュー!ポイントを押さえれば万人におすすめできる生涯の相棒。

デスクワークをしている人やガジェオタなら必ず通るであろうキーボードの沼。 そしてその沼に必ずあるのがキーボードの最高峰とも言えるHHKB。その至高の所以とは何か。「プロ以外はお断り!」と感じる程に初心者にはとっつきにくいキーボードではあるが、実際のところはどうだろうか。 その理由も含めて今回は記事内で丁寧にレビューしていきたい。 taka 今回のレビューいかがだったでしょうか? 色々ガジェット的な良さがあってこそですが、日本製がいいモノだということが素直に嬉しくて、更に愛用したいと思わせてくれました! 確 ...

2022/11/13

IKEA購入品紹介!インテリアから小物までお買い物が楽しい!

久しぶりにIKEAに行ってきました。 今回もお目当ての物から、以前から迷っていたものまで買い物を楽しんできましたので購入品の紹介をしていきたいと思います。 taka 最後までご覧いただきありがとうございました。 IKEAって本当に色々なものがあってお買い物がとにかく楽しい! 今回初めて店内のレストランも利用したのですが、メニューも豪華で少し海外チックな雰囲気もあって楽しく美味しく大満足でした!レストランだけで利用する人もいるのかな?(食べるのに夢中で今回の食事写真はありません。申し訳ございません。) ご紹 ...

2022/11/13

【一条工務店】我が家の2年訪問。2年で保証が切れるけど不具合は特段ない。

一条工務店にてマイホームを建てて早2年が経過しようとしている。 長い様な早い様な時の流れですが、今回の我が家の2年訪問での不具合ポイントと保証について雑談もしていきたいと思います。 taka 我が家の2年訪問が終わりその内容や今後について書いてみましたがいかがだったでしょうか? 当然無料で済むならそれに越した事はないですが、そんな上手いだけの話は無いと考えないとダメですよね。 よく昔から言われる「ただより高い物はない」とはありますが、色々な角度から考える事でたしかになと思う事ばかりです。 理由なき無料や安 ...

2022/11/14

iPhone単体は微妙⁈Apple製品としての真の魅力

iPhone14が発表されて賛否が分かれてるスマホ業界。 ネット上で出ている声を見たりしていると思う。単純にiPhoneとAndroidで比較しても分かるものなのだろうか。 永遠の話題とも言えるiPhoneとAndroidについて私が考えていることをまとめていきたい。 taka 基本的にはスマホのみしか使用しないライトユーザーにはAndroid。 機種を選ぶのが難しいとかネックはあると思いますが、基本的にはGalaxyで問題なし。だが使いやすくてコスパも考えるならpixelシリーズがおすすめです。他のメー ...

-ガジェット, レビュー