ガジェット レビュー

【iPhone15】1ヶ月レビュー!正統進化でminiシリーズを使っていた人には特におすすめしたい!

新型のiPhone15を発売日に購入してから1ヶ月が経過した。

私はiPhone13miniからの買い替えだったのだが、思った以上に満足が高い。だが13miniもそこまで古い機種ではないから性能面だけで言えば買い替えなくていい人も多いのではないだろうか。

そこで今回は使い始めて1ヶ月経過して感じる13miniと15の違いについていくつかお伝えしたい。

taka
taka
takaです!InstagramYouTubeもやっています。フォロー、チャンネル登録もよろしくお願いします!

iPhone13miniから15に買い替えてみての変化

まずは結論から。個人的には以下の5つのポイントが大きな変化になる。

iPhone15に買い替えてみてのポイント

  • 背面デザインの高級感
  • 光学2倍ズーム
  • Dynamic Islandが以外にも便利
  • 画面の大型化
  • バッテリー容量アップ

スマホとしての基本的な部分もあるのだが、今回の買い替えはその当たり前を再認識するような結果もある。だからこそあまりスマホの買い替えをしないライト層にも参考にもなれば幸いだ。それでも一つずつ解説していきたい。

背面デザインの高級感

これまでのiPhoneはProモデルでない限りは背面が光沢のガラスだった。これはこれで綺麗なのだが正直高級感という意味では物足りなかった。今回の15シリーズではマットな仕上げになっており、かなり高級感が上がった。

マットな質感になった事で指紋が付きづらくなったことも嬉しいポイント。背面のデザインだけでなく15シリーズでは、様々な点で14Proから降りてきた部分が多くなっているから、今回の15に関しての進化は思った以上に価値の高いものになっているだろう。

光学2倍ズーム

正直な話だが光学ズームが魅力に感じるのはiPhoneのカメラで何かクリエイティブな事をやらない限りはそこまで魅力には感じないだろう。私のこのブログにしても写真は全てiPhoneのカメラで撮影をしている。

本当は一眼レフで周りとは差をつけたいと思う気持ちもあるのだが、もうすでに一眼で撮影しているブロガーが多いからここまできたら逆にiPhoneでの撮影に拘ろうかとも思っているくらいだ。

簡単に言えばこれまでのiPhoneはProモデルでないと望遠レンズが付いていなかった。広角と超広角の2種類だったからから撮影の表現であったりにはかなり制限があったのだが、こんなことを思うのも写真にこだわるような状況でない限りはないだろう。

だが、この光学2倍ズームまで可能になったことにより物撮りの際には影が入らないように撮影をしやすくなったりと、ブログでの楽しみがまた一段と増えた。しかもこれがProではなく、無印の15に搭載されたことに大きな意味があった。

Dynamic Islandが以外にも便利

iPhone14Proから搭載されたDynamic Islandだが、14の当初は無くす事のできないセンサー関係をAppleがポジティブに変換させただけだろうと思っていた。そして今回はiPhone15にも搭載された事で意図せずに使うことになったのだがこれが案外いい。

音楽の再生、YouTubeのバックグラウンド再生等、様々な状況でその再生画面への復帰がDynamic Islandに統一されていれば操作は容易だ。これがただ聞くだけだと大したことないように感じるが、実際に使っていると悔しいことに意外と活躍する場面が多いから購入時にはこの悔しさを味わって欲しい。

画面の大型化

これはminiシリーズからの買い替えだから感じたことだが、miniの画面サイズ5.4インチは小さすぎた。ネット上では小さことが正義と言わんばかりの声が多数上がってきていたが、個人的には携帯性に関しての劇的な変化は感じなかった。むしろネガティブな部分が大きかった。

その大きなポイントが画面サイズ。

画面サイズが小さいなんてことは分かっていたが、コンテンツ消費に対する意欲にここまで影響を与えるとまでは思ってもみなかった。

直近のスマホ歴ではGalaxyS21ultra→iPhoneSE3→iPhone13mini→iPhone15ときているが、画面サイズが小さすぎて13miniで動画を見たりすることが本当にストレスだった。一つ前提条件なのだが、目が悪いわけでは決してない。むしろ視力は両目とも1.5は確実にあるくらい視力には自信がある。それでも画面サイズが気になった。

そこから基本的に動画を見る際にはサブスマホのGalaxy note8で見るかMacで見るようになっていった。

外出時にはちょっとニュースを見たり、Xを見たりするのにも画面が小さく生産性の低さがとにかく気になった。本当に当たり前のことなのだが画面サイズはiPhone15の6.1インチ程度であれば持ち運びに対してのデメリットはほとんどない。

さらに持ち運びに対しての不安がなければプラスかMAXシリーズを買えばいいし、スマホの画面サイズは6.1インチ以上が断然おすすめ。これはminiシリーズがいいというネットの大声を聞いて気持ちが揺らいでいる人に強く伝えたい。大きいのが正義。

バッテリー容量アップ

公表値でもオーディオ再生の場合には13miniが55時間に対して15は80時間とその差25時間は驚異的。これが実使用においてもかなり差を感じる。私の使い方としては仕事では車に乗ることが多く、音楽を流したりラジオ代わりにYouTubeを流すことが日常だ。

でもそうしていると13miniの場合には夕方にはバッテリーが無くなって充電を余儀無くされるのだが、15に変えてからは夕方でもまだ50%台と圧倒的に充電が持つようになった。13miniのバッテリー最大容量が88%まで低下していたのだから、新品の端末と比較したらバッテリー持ちが良くなるのが当たり前と思うだろうがここでポイントがある。

そもそもバッテリーの最大容量が80%台にまで低下しているようであれば尚更、買い替えを検討しなければいけない時期なのだ。ここでモバイルバッテリーの購入を検討しているようならセンスがない。スマホ自体の問題をわざわざモバイルバッテリーで補わなくていい。モバイルバッテリーはあくまでも新品状態でもバッテリーがもたないようなヘビーユーザー向けの製品。

荷物や充電を行う端末が増えるだけになりかねない為、根本的な原因であるスマホ自体で解決するのが正しい選択だ。

まとめ【miniユーザーでこんな人は買い替えを検討し欲しい】

買い替えポイント

  • 1日バッテリーがもたない
  • マットな背面デザインが好み
  • バッテリーの最大容量が80%台
  • 写真を撮ってクリエイティブな作業をする
  • miniシリーズでコンテンツ消費を結構行う人

参考までにだが2023年9月段階でiPhone13mini(ミッドナイト・128GB・SIMフリー)が75,000円で売却ができた。メルカリでの手数料を差し引くと実質58,050円となった。

14シリーズはスルーして2年に1度の購入だとすれば1年あたり29,025円で使える計算になる。1ヶ月2,418円だから2年に一度最新機種を使う分には十分お得だと思うから参考にして欲しい。

バッテリーの劣化も考えると厳しい部分もある為3、4年で買い換えるなら2年に一度はメルカリで売却しながら買い替えていくことをおすすめしたい。

最後に

taka
taka

今回の記事いかがだったでしょうか?
YouTubeではほとんどがProシリーズのレビューの中、無印の15を購入しましたが最高に満足しています!

iPhone歴としては4S→6S→Androidへ浮気→SE3→13mini→15と結構昔から渡り歩いてきましたが、Proがいいなんていうのは当然だけど15は無印も最高の出来だったということを伝えたいです。

iPhoneはやっぱりUIの作り込みもワクワクさせてくれるし、値崩れもなく、他のデバイスとの連携も最高だと思います。この記事をきっかけに一度はiPhoneから離れてしまった方も是非またiPhoneを手に取ってもらうきっかけになれば嬉しいです!

ではまた!

2024/6/4

【DREAM BLOG5月号】フィリピン旅行は平和ボケ解消の劇薬。新しい経験が新たな発見になって人生整う

5月はG・Wということもり海外旅行に行ってきた。海外旅行での体験と言うと少し堅苦しい印象にもなってしまうが、純粋に楽しくもあったし刺激的な日々を送れたからいいリフレッシュにもなったからまた仕事を頑張りたいと思う。 そんな中で5月に感じた出来事を踏まえながら語っていきたい。 フェリピン旅行 今年はフィリピンの島に行って田舎を楽しんできたのだがリゾート感満載で宿も安く、日本国内では見られないような街並みに感動した。 ところで皆さんは海外旅行はどのくらい行かれているものなのだろうか。私の場合には25歳の新婚旅行 ...

2024/5/27

【Apple製品】ガチプロじゃなければ無印orAirでOK!YouTuberのProシリーズ信仰に騙されるな!

新型のiPad Proが発表されて盛り上がりを見せているApple製品界隈。以前から思っていて今回の発表で改めて思ったのが「Proは文字通りPro向けの業務用」だという事。 この業務用の響きにロマンを感じるのは最高にいけてると思うのだが、一般的にApple製品を購入しようと迷った時に見るYouTubeがとにかく思想強め。ひたすらProモデルの話しかしないし、まともなレビューも少ない。そんな今だからこそ、Apple製品の中でも無印関係の製品を中心に愛用している私がそのポイントをお伝えしていきたい。 では早速 ...

2024/5/14

【家づくりで100点は無理!】家づくりで重要なのは妥協ではなく許容する気持ちが大事。【一条工務店の価値を語る】

Xを見ていると家づくりに取り憑かれている人があまりにも多いことに衝撃を受ける。マイホームってなんで建てるんだっけ… 実際にマイホームを建てて住んでいる身として、家をこれから建てる又は住んでいく上で大事なことを改めて考えていきマイホームに取り憑かれている人を救いたい。 取り憑かれた施主 家づくりやマイホームでの暮らし取り憑かれている人があまりにも多すぎる。やれC値が◯◯だとか、やれ窓は樹脂がいいのかペアなのかトリプルガラスなのか。住み始めてからも「◯式の節約術でお得に♪」みたいな感じでもうええわと思うくらい ...

2024/5/9

【DREAM BLOG4月号】刺激を求める大人と求めない大人。人生の変化について考える

4月は何かと新しい事が起きがち… でもきっと学校も職場も変化が起きるのは当事者だけかもしれない。先月の生き急ぐに続いて今月号は大人になって刺激を求める意義について考えていく。 大人の危機感 30歳を過ぎていよいよおじさんに突入してきた訳だがとにかく危機感を感じるようになった。何に危機感を感じるのかっていうのが今回の趣旨でもあるのだが、その危機感の正体が日常生活における刺激の無さ。 でもだからといって今の生活に変なストレスを感じたりしているわけでは無い。 家族と出かけるのは楽しいし、子供の成長を見ている事も ...

2024/4/30

【100W以下の充電器特集】流行りのメーカーもいいんだけどさ…コスパを求めて購入した充電器3個を徹底レビュー

このブログをご覧の方はきっと答えられる方も多いだろう。 「自分が普段何WでスマホやPCを充電しているのか」 この毎日のルーティンとも言えるガジェットの充電なのだが、実際には関心のない人があまりにも多すぎる。これは単純に私の周りの場合の話なのか、それとも実際の世の中はこんなものなのかは不明なのだが私は追求したい。 お金をかけずに高速充電がしたい。このロマンとケチとが入り混じった実にわがままな要望を叶えるべく、私が人柱として充電器を3個も購入した。 そもそも同じような用途の充電器を一人で3個も買ってしまったら ...

2024/4/15

【自治会役員に就任!】役員になって見えてきた自治会のメリット・デメリット

マイホームにおける心配事。希望の間取りに予算にハウスメーカー… でも意外と侮れないのがご近所付き合いの始発点とも言える「自治会」問題。加入派の奥さんと非加入の私の意見も参考にしながら考えるきっかけにしてもらえたら嬉しい。 自治会は老害発表会!では早速いきましょう。 自治会の役割 夫婦で割れた我が家の自治会イメージ 私もマイホームに住むにあたって自治会の加入を迫られた。迫られたというのは言葉が悪いかもしれないが、NHKの加入案内並みに自治会の勧誘は来るのが早かった。しかも正直自治会にに対してはいいイメージが ...

2024/4/4

【DREAM BLOG3月号】いつでも気持ちはスタートダッシュ。俺は30代も生き急ぐ。

どうも、takaです。 あっという間の3月。社会人も学生も変化の時期に差し掛かるこの時期ですがいかがお過ごしでしょうか。私はと言うと、今年は色々と仕事もプライベイートも時間の無さを痛感している中で日々もがいています。 もがいている事はさておき、最近では情報が溢れている事で専門的なものであっても消費者側の知識が格段に増えてきたと感じている。私も数年前まではひよこのようなもので、あらゆるジャンルにおいていいようにされていた事は正直何回もある。 今回は消費に関する様々な変化や4月に向けた仕事での成長について語っ ...

2024/3/14

【一条工務店】住み始めて3年!冷静になった今でも最高な一条工務店平家生活を語る

2020年に引き渡されたマイホームも丸3年が経過し4年目に突入。 人生でも最大と言えるマイホームという買い物で、当初はもちろんその嬉しさに舞い上がっていた…でも私としてはよく言われるような「一国の主人」のような感覚よりかは純粋に生活や人生が変化していくことが単純に嬉しかった。 確かに当時もよく調べてマイホーム計画をしていたが、住み始めて4年もするとさすがに冷静な評価が下せる。今だからこそマイホームに関しての本当の満足度を改めて考えてみた。 マイホームは良くも悪くも一生物だから少しでも長期的なレビューに価値 ...

-ガジェット, レビュー