レビュー 生活アイテム

3年間愛用しているバルミューダ製品レビュー!定番のトースターとケトルはどうだったの?【結論:ストレスは無い】

スマホで一躍「時の人」となったバルミューダ。

我が家でもそのデザインや性能に憧れてトースターとケトルを新居から約3年間愛用している。

とにかくデザイン性が高いバルミューダ製品は、購入したばかりだとどうしても性能を踏まえた冷静なレビューにはなりにくい。そこで今回の記事では長期使用しての使用感や少し気になるポイントをまとめていきたい。

taka
taka
takaです!InstagramYouTubeもやっています。フォロー、チャンネル登録もよろしくお願いします!

家電はいま戦国時代

マイホームを計画し始めた2018年ごろ、おしゃれな家電といえばもっぱらバルミューダだった。

扇風機にトースターにと、これまでの白物家電のオシャレとは遠いような家電も一気に変わって、革命が起きたと言っても過言じゃ無いと思う。

「性能が良いのは当たり前。デザイン性も高いレベルを求める」

バルミューダが起こした革命から数年が経過し、これまで無骨なデザインが売りだったようなメーカーもデザインに凝った良い製品が増えてきた。

そんな中で我が家でも実際に使用しているバルミューダ製品がこの家電戦国時代に爪痕を残し続けるのか。その参考になるように、この記事でその実態に迫っていく。

愛用しているバルミューダ製品

我が家で愛用しているのはトースターとケトルの2つ。

新居で家電をブラックに統一したかったから色はそれに合わせた形になる。

「BALMUDA The Toaster」お気に入りポイント

お気に入りポイント

  • シンプルなデザイン
  • ムラなく焼けるヒーター
  • スチーム機能でサクフワなパンが焼ける
  • 操作が簡単

「BALMUDA The Toaster」気になるポイント

気になるポイント

  • 2枚焼きは小さく感じることも
  • 表面の汚れが目立つ
  • 価格が高い

「BALMUDA The Pot」お気に入りポイント

お気に入りポイント

  • 従来のケトルになかったデザイン性
  • グリップのLEDで加熱中かが分かりやすい
  • 注ぎ口が細いからコーヒーとかもピンポイントに注げる。(勢いも申し分なし)

「BALMUDA The Pot」気になるポイント

気になるポイント

  • 温度設定ができない
  • 最大容量が0.6リットルと少ない
  • 保温機能がない

汚れの跡が結構目立ってしまう

何が価値なのか

バルミューダ製品に関して何が価値なのかはどうしても考えてしまう。一番の理由はその価格。

基本的にはバルミューダ製品はそのジャンルとしては高価格帯になっている。

例えばトースターで言えば、アマゾン内でも大体が3〜7,000円くらいがボリューム層になってくる。だがバルミューダは27,940円で約4倍の金額だ。

taka
taka
流石に4倍の価格差は気が引けるー

これは単純に高いとも言えるがバルミューダとしても当然付加価値がある。

1番の目玉機能はスチームテクノロジーによってトーストをより美味しく仕上げるというもの。実際に使ってみるとこれは確かにおいしい。

でも各社焼き上げる際の水分に関してのアプローチは違っており、何が正解なのかは好みの問題も大きく答えがふわっとしているのは否めない。それにトースターは基本的には一家に1台しかないから、購入してからのビフォーアフターも分かりづらいのが難点。

そしてバルミューダを語るのに外せないのがデザインに関する話題。

これまでの家電の常識を覆したとも言えるデザイン性の高さ。その需要を圧倒的に満たしたからこそ、新しい家電のジャンルをつくれたのだろう。

今では、家電もインテリアに合わせてオシャレなものというのが当たり前になってきているし、私自身も少なからずデザインを踏まえた上で家電を選んだ1人だ。

とにかくシンプルでかっこいい。社長がApple創業者のスティーブ・ジョブズをどこかでイメージしているように、どことなくApple製品に似たものは感じる。

無駄を削ぎ落とす事がかっこいい…

大人の男性がスタイル良く、白いTシャツに黒のパンツを合わせるのがかっこいいみたいな感じだろうか。私もそんな男になりたいがまだまだ遠い。

taka
taka
本当にかっこよくて最高!

おっと‥少し脱線してしまったが、とにかくバルミューダ製品に関しては余程こだわりがない方でない限り、最高にかっこいいオシャレなデザインになっているだろう。

新居への引越しのタイミングではついつい欲しくなってしまうアイテム。

代替品・気になる製品

バルミューダを一部愛用しているが、他にも気になる製品はある。ここでは個人的に気になっている製品をピックアップして、現状と何が異なるのかをまとめるので用途に合うようならこちらを検討して欲しい。

トースター部門

「アラジン トースター AGT-G13AG 4枚焼き」

引用;アラジン公式HP

アラジンのトースターの魅力は0.2秒で発熱が開始される圧倒的なヒーター性能。短時間で焼き上げるのは中華を想像させる。

先ほど話題にも挙げたが、トースターに水分を閉じ込めるなら短時間でサッと焼いた方が美味しいのでは?と感じている。だらだらと時間をかけると当然食材からは水分が抜けてしまう。まさにその短時間で水分を閉じ込める代表例がチャーハンだ。

高火力で短時間で仕上げる。これが中華の基本的な調理になってくるから、アラジンのトースターの方が理にかなってそうだ。

加えて嬉しいのがアラジンだとトーストも2枚焼きと4枚焼きのラインナップがある。これは料理の幅もかなり広がってくる。

私はグラタンが好きでよく作るのだが、バルミューダの2枚焼きの大きさではどうしても小さめのグラタン皿しか入らない。だから何回にも分けて複数回焼く必要がある。

トーストを焼く際にも同じで、家族の人数が増えれば当然4枚焼きの方が効率がいい。

朝の忙しい時間にも、4枚ずつパンが焼ければ食べ盛りの子供がいても十分対応できて時短にもつながる。朝の5分は昼間の30分に値する。ちょっと何言ってるか分からないが、時間を生み出す家電だと思うとその投資価値は高そう。

デザインも当然トレンドを押さえており、シンプルでかわいらしいオシャレな仕上がりになっている。ただ色に関してはブラックが期間限定で売られているだけなので、ブラックを検討中の方は早めにチェックして欲しい。※2023年3月現在

ブラックは公式からしか買えません!公式HPはここからチェック

ケトル部門

「山善 EGL-C1281」

引用;山善公式HP

バルミューダのケトルでは容量の不満点を挙げたが、このケトルは0.8リットルと0.2バルミューダよりも容量が大きい。この差が絶妙で0.6リットルの少し物足りない部分を補ってくれる。

ケトルに大事なのが、

    • 沸騰までの時間
    • 容量
    • デザイン

この3つが重要なポイント。容量の重要性に関してはバルミューダから学んだ。

加えてコーヒーやお茶を入れる際に一番美味しく飲むためにも、温度調整ができる方がやっぱり便利。今では保温機能が備わっているものも多いからできれば取り入れたいところ。

ケトルはシンプルで必要な機能がそこまで多くないからこそ、その便利な付加価値が全部盛りの製品を選ぶようにしていきたい。

まとめ

バルミューダはデザインが抜群でシンプルで使いやすい。だが正直、機能的かと言われると難しいところもあるのが正直な感想だ。

ブランドにどれくらいの魅力があるのかは購入時に自分の胸に手を置いて考えて欲しいが、価格の高さはやっぱり否めない。果たしてこのデザインとブランドにどれくらいの予算を出せるのか。

ガジェットと同じで家電もあまりに相場よりも高い製品は大衆には売れないし、高価な製品もSNSで見るだけでリアルな知人は使ってないケースも多い。

ただ、数年前にはオシャレな家電といえばバルミューダくらいしかなかったが今は違う。良くも悪くもバルミューダの一人勝ちの状況ではなくなっている。

選択肢は確実に増えた。

今回例で挙げたアラジンや山善も選択肢の一つに過ぎないが、あまりにも価格が安い製品に関しては失敗する可能性も高いからじっくり選んでいこう。

約3年間バルミューダ製品を愛用したからこそ感じる「これじゃなくてもいい感」がある。

今後も機能やデザインの全てを兼ね備えた、正に答えになる製品が登場するだろう。

さいごに

taka
taka

今回の記事いかがだったでしょうか?

新居や引越しのタイミングでは高額な家電でも「せっかくの新居だから♪」なんて安易に買っちゃいそうですよね!

当時はバルミューダこそが最前線!なんて雰囲気もあって憧れていたな〜なんて改めて思ったり。

今はオシャレな家電もたくさん出ていて、本当に家電選びも楽しいなと思います。

家電選びは生活の質を変えてくれるものだから、性能もデザインもワクワクするような家電を探していこう!

ではまた!

2024/6/4

【DREAM BLOG5月号】フィリピン旅行は平和ボケ解消の劇薬。新しい経験が新たな発見になって人生整う

5月はG・Wということもり海外旅行に行ってきた。海外旅行での体験と言うと少し堅苦しい印象にもなってしまうが、純粋に楽しくもあったし刺激的な日々を送れたからいいリフレッシュにもなったからまた仕事を頑張りたいと思う。 そんな中で5月に感じた出来事を踏まえながら語っていきたい。 フェリピン旅行 今年はフィリピンの島に行って田舎を楽しんできたのだがリゾート感満載で宿も安く、日本国内では見られないような街並みに感動した。 ところで皆さんは海外旅行はどのくらい行かれているものなのだろうか。私の場合には25歳の新婚旅行 ...

2024/5/27

【Apple製品】ガチプロじゃなければ無印orAirでOK!YouTuberのProシリーズ信仰に騙されるな!

新型のiPad Proが発表されて盛り上がりを見せているApple製品界隈。以前から思っていて今回の発表で改めて思ったのが「Proは文字通りPro向けの業務用」だという事。 この業務用の響きにロマンを感じるのは最高にいけてると思うのだが、一般的にApple製品を購入しようと迷った時に見るYouTubeがとにかく思想強め。ひたすらProモデルの話しかしないし、まともなレビューも少ない。そんな今だからこそ、Apple製品の中でも無印関係の製品を中心に愛用している私がそのポイントをお伝えしていきたい。 では早速 ...

2024/5/14

【家づくりで100点は無理!】家づくりで重要なのは妥協ではなく許容する気持ちが大事。【一条工務店の価値を語る】

Xを見ていると家づくりに取り憑かれている人があまりにも多いことに衝撃を受ける。マイホームってなんで建てるんだっけ… 実際にマイホームを建てて住んでいる身として、家をこれから建てる又は住んでいく上で大事なことを改めて考えていきマイホームに取り憑かれている人を救いたい。 取り憑かれた施主 家づくりやマイホームでの暮らし取り憑かれている人があまりにも多すぎる。やれC値が◯◯だとか、やれ窓は樹脂がいいのかペアなのかトリプルガラスなのか。住み始めてからも「◯式の節約術でお得に♪」みたいな感じでもうええわと思うくらい ...

2024/5/9

【DREAM BLOG4月号】刺激を求める大人と求めない大人。人生の変化について考える

4月は何かと新しい事が起きがち… でもきっと学校も職場も変化が起きるのは当事者だけかもしれない。先月の生き急ぐに続いて今月号は大人になって刺激を求める意義について考えていく。 大人の危機感 30歳を過ぎていよいよおじさんに突入してきた訳だがとにかく危機感を感じるようになった。何に危機感を感じるのかっていうのが今回の趣旨でもあるのだが、その危機感の正体が日常生活における刺激の無さ。 でもだからといって今の生活に変なストレスを感じたりしているわけでは無い。 家族と出かけるのは楽しいし、子供の成長を見ている事も ...

2024/4/30

【100W以下の充電器特集】流行りのメーカーもいいんだけどさ…コスパを求めて購入した充電器3個を徹底レビュー

このブログをご覧の方はきっと答えられる方も多いだろう。 「自分が普段何WでスマホやPCを充電しているのか」 この毎日のルーティンとも言えるガジェットの充電なのだが、実際には関心のない人があまりにも多すぎる。これは単純に私の周りの場合の話なのか、それとも実際の世の中はこんなものなのかは不明なのだが私は追求したい。 お金をかけずに高速充電がしたい。このロマンとケチとが入り混じった実にわがままな要望を叶えるべく、私が人柱として充電器を3個も購入した。 そもそも同じような用途の充電器を一人で3個も買ってしまったら ...

2024/4/15

【自治会役員に就任!】役員になって見えてきた自治会のメリット・デメリット

マイホームにおける心配事。希望の間取りに予算にハウスメーカー… でも意外と侮れないのがご近所付き合いの始発点とも言える「自治会」問題。加入派の奥さんと非加入の私の意見も参考にしながら考えるきっかけにしてもらえたら嬉しい。 自治会は老害発表会!では早速いきましょう。 自治会の役割 夫婦で割れた我が家の自治会イメージ 私もマイホームに住むにあたって自治会の加入を迫られた。迫られたというのは言葉が悪いかもしれないが、NHKの加入案内並みに自治会の勧誘は来るのが早かった。しかも正直自治会にに対してはいいイメージが ...

2024/4/4

【DREAM BLOG3月号】いつでも気持ちはスタートダッシュ。俺は30代も生き急ぐ。

どうも、takaです。 あっという間の3月。社会人も学生も変化の時期に差し掛かるこの時期ですがいかがお過ごしでしょうか。私はと言うと、今年は色々と仕事もプライベイートも時間の無さを痛感している中で日々もがいています。 もがいている事はさておき、最近では情報が溢れている事で専門的なものであっても消費者側の知識が格段に増えてきたと感じている。私も数年前まではひよこのようなもので、あらゆるジャンルにおいていいようにされていた事は正直何回もある。 今回は消費に関する様々な変化や4月に向けた仕事での成長について語っ ...

2024/3/14

【一条工務店】住み始めて3年!冷静になった今でも最高な一条工務店平家生活を語る

2020年に引き渡されたマイホームも丸3年が経過し4年目に突入。 人生でも最大と言えるマイホームという買い物で、当初はもちろんその嬉しさに舞い上がっていた…でも私としてはよく言われるような「一国の主人」のような感覚よりかは純粋に生活や人生が変化していくことが単純に嬉しかった。 確かに当時もよく調べてマイホーム計画をしていたが、住み始めて4年もするとさすがに冷静な評価が下せる。今だからこそマイホームに関しての本当の満足度を改めて考えてみた。 マイホームは良くも悪くも一生物だから少しでも長期的なレビューに価値 ...

-レビュー, 生活アイテム