ガジェット レビュー

【キーボード】1800円の安価なキーボードと何が違う?ロジクール「KX800 MXKEYS」レビュー

ガジェットは沼。

今まではAmazonで購入したロジクールの安物メンブレンキーボードを約2年ほど使用してきた。

その道中にはメカニカルのゲーミングキーボードを試してみたりもしたが、どうにもしっくりこなくてメンブレンに戻すはめに。

メンブレンも気に入っているというよりかは所持しているキーボードの中での消去法だ。本当は長く愛用しているノートPCのキーボードが一番しっくりくる。もちろん世間的にファンも多い良いキーボードがあるのは知っているけど、金額が30,000円前後ととても手が出せない。

そこで色々調べていく中で金額的にも打鍵感的にもまさにこれだ!というドンピシャなスペックのキーボードを購入したからガチレビューをしていきたい。

taka
takaです!InstagramYouTubeもやっています。フォロー、チャンネル登録もよろしくお願いします!

【ロジクール】KX800 MXKEYS

購入したキーボードはこちら。

ロジクールのMXKEYSというシリーズのテンキーも付いたフルサイズのキーボードだ。
まずはそのスペックをチェックしていきたい。

本体サイズ 430.2×20.5×131.63㎜
重量 810g
接続方式 Bluetooth/USB
対応OS Windows/Mac/iOS/android/Linux
キースイッチ パンタグラフ
テンキー 有り
キーピッチ 19㎜
キーストローク 1.8㎜
電源 充電池
バッテリー寿命 バックライト有り10日間/無し約5ヶ月
マルチペアリング 有り(Bluetoothにて3台まで)
バックライト 有り(センサー式で自動点灯)

スペックを見るだけで分かるその豪華な仕様。さすがにロジクールの高級キーボードなだけあって抜かりはない。

1,800円のキーボードと何が違う?

上記のスペック表を見るだけでも仕様自体は大きく違うが、taka的な注目して欲しいポイントがいくつかある。

注目ポイント

  • 重量
  • バッテリー寿命
  • マルチペアリング

重量

キーボード1つの重さがなんと810gもある。重いのはメリットかデメリットか。いやメリットしかない。
そもそもフルサイズのキーボードを持ち運ぶような猛者は重さなんて気にしないだろう。基本的には置いたままになるキーボードは重い方が良い。重い事のメリットは何と言ってもタイピングしていてもキーボード自体がずれない事だ。

安物キーボードはどうしてもプラスチック感が前面に出てくるし軽い。軽いとせっかくゴムの滑り止めが付いていてもあまり効果が得られない。

快適なタイピングの為には重さもキーボード選びには重要だ。

バッテリー寿命

基本的にはバッテリーのキーボードは充電の管理がめんどくさい。でもこのMXKEYSに関してはバックライトONで10日間、OFFで5ヶ月と驚異的な電池持ちだ。こうなってくると充電の不安もないし、手間も最小限にできてバッテリーである事のデメリットは限りなく無いに等しくなる。こういった基本的な部分の作り込みの良さがあるからロジクール製品はファンが多いのだと思う。

マルチペアリング

PCを複数台所有していたり、タブレットをPCと併用したりするユーザーにとってはかなり利便性が高い機能だ。Bluetooth接続にて3台まで接続しておく事で、キータッチで簡単にペアリング先を変更できる。毎回設定からBluetoothの接続先を変更しなくていいのはかなりありがたい仕様だ。

そして、今回このキーボードを購入するにあたってのtaka的キーボードに求める事を挙げていきたい。

takaがキーボードに求める事

キーボードに求める事

  • ノートPCの様な打鍵感
  • 最低限のショートカットキー
  • テンキー付き
  • 日本語配列
  • 薄型
  • ワイヤレス

この要望からたどり着いたのがキーボードがMXKEYSで、要望をしっかり叶えてくれた。

それではファーストインプレッションを元に解説していく。

打鍵感

キーボード画像からも分かるようにパンタグラフ式の薄型のキーボードだ。ノートPCの打鍵感を求めていたのだから必然的に同方式のパンタグラフのキーボードなった。
パンタグラフ式のワイヤレスキーボードとなるとかなり選択肢は限られてくる。加えてパンタグラフのキーボードに心地良い打鍵感を求めるのもなかなか難しい。

このKX800 MXKEYSは打鍵感に定評があるがキーストロークが1.8㎜となっており、メンブレンの3~4mmは当然としても通常のパンタグラフ式と比較してもキーストロークが浅くなっている。だが、打鍵感は損なっていない。いや、むしろ心地良さすら感じる打鍵感だ。
打鍵の感覚もしっかりあるのにキーが重くなく、軽すぎもしない。本当に絶妙。

あと細かい部分かもしれないが、ホームポジションにあるFキーとJキーの突起が通常のキーボードよりもはっきりしている感じがあってホームポジションでのタイピングも安心して行える。さらには「Perfect Stroke」キーと呼ばれるキーの中央が少し球状にくぼんでいる形状も相まってさらにタイピングの安定感を増してくれている。

これはさすがに試しに触らないと分からないが、思った以上にブラインドタッチの安定性の向上に効果を発揮する。

最低限のショートカットキー

今まで使っていたキーボードもいくつかのショートカットキーがあってかなり便利だった。
ガジェットに関して知識があれば、ある程度のキーボードならショートカットキーくらい当たり前かもしれない。だが、意外とパソコン中心で仕事をしていなかったりするとちょっとしたキーでも便利で感動する。

takaもそこまで特殊なキーはいらないからいくつかポイントだけ考えてキーボード選びをした。

  • 電卓
  • 再生、一時停止等のオーディオ操作
  • 音量の調整

これくらいで感動したりするなという意見があるかもしれないが、実使用においてはこれで十分。

注意点

スクショのキーはあるが、プリントスクリーンの様な直接貼り付けが出来るようなキーは無い。

薄型

最近のゲーミングキーボード等は、そのキースイッチの特性からキーボード自体の厚みが出てきがちになる。
通常のメンブレンでさえかなり厚みが出てきてしまう。

左が以前使用していたメンブレンのキーボード。右がMXKEYSとなる。
厚みに関しては一目瞭然なのだが実際にタイピングしてみるとより違いを感じる。キーボードの厚みが気になりパームレストを使用していたが、パームレストがどうしても動いてしまったりキーボードとの距離が変わってしまったりと小さいストレスが拭えなかった。

このMXKEYSはかなり薄型で、個人の好みの問題もあるがパームレストは基本的には不要だし、先述したようにキーボード自体が810gと安物キーボードと比較して重くずっしりしているからズレる心配が全くない。タイピングの際に手首の角度がきつくならなかったり、こういったズレが出ないという事は長時間の使用においての快適なタイピングには欠かせない重要なポイントだ。

注意

ズレによるストレスを感じたくない場合は薄型のキーボードを使用してパームレストを使わない。キーボード自体の重量もしっかり比較する。

ワイヤレス

今時反応速度がシビアなゲーミングキーボードですらワイヤレスになる時代だ。せっかくデスクをスッキリさせているのにキーボードの配線が出ているのは美しくない。

ただBluetooth接続の場合は若干の遅延や接続の安定性等に不安が出てしまっても嫌だったからUSBレシーバーのワイヤレス接続は必須だ。ただしこのポイントに関しては現状の安物もUSBレシーバーでのワイヤレス接続になっているから、そこまで特別感があるポイントいうわけではなく、当たり前に欲しい機能となった。ユーザーはどんどん贅沢に慣れてくる。

その他にもテンキー付きや日本語配列のポイントも特別変わったポイントではないから割愛する。

どんな人にオススメなの?


正直パソコンを日常的に使用しないなら、こんなこだわりの塊みたいなキーボードはいらない。1,800円で買えるような安価なワイヤレスキーボードで十分。

でも次の内容に少しでも引っかかるなら検討して見て欲しい。

チェックリスト

  • 日常的にPCでの作業が多い
  • タイピングに自信が無い
  • ノートPCの打鍵感が好み
  • 複数のPCを使用してる
  • 作業中のパームレストやキーボードのズレが気になる
  • Mac、Windows両方のOSを使用する可能性がある
  • 少し暗い環境で作業することがある
  • 某高級キーボード程の予算は無い

ざっと感じたポイントを挙げたが、少しでもキーボードにこだわりたいなら断然このオススメはキーボードになる。
しかも値段も13,000円~15,000円前後で通常販売されている為、ハイグレードのキーボードとしては比較的手が出しやすいのも特徴だ。

ロジクール製品は質の高さや使い勝手など評判は上々。ただそれだからといっても万人にウケる訳ではない。

でもこのMXKEYSは間違いなくロングセラー商品だし、PC作業において欠かせない相棒になってくれるポテンシャルを秘めているから是非手にして欲しい。

キーボード選びはこれで終わりだ。

2023/1/29

家計に大ダメージ!大寒波や電気代高騰でこそ問われる一条工務店の真価

一条工務店の性能が過剰だと言っていた少数派の皆さん生きてますか? 昨今の電気代高騰に大寒波。 家計にも体にも大ダメージ必至の状況だけど実際はどうだろうか。 こんなピンチだからこそ、一条工務店の性能を追求した住宅体験をゴリゴリポジショントークでお伝えしていきたい。 taka つまり仕入れが安ければ値引くし、高くなったらいっぱい払ってね♪って事か! これに関してはとどのつまり納得できる。 どんな商売も仕入れ値が上がるなら値上げは必至だ。そんなんは子供じゃないから分かるし仕方ない気持ちにもなる。 だけど一条工務 ...

2023/1/25

ポイントは照明だった…時間が経ったからこそ分かる!書斎の「照明」に関する後悔ポイント

PC作業の大半は書斎で過ごす。 我が家ではマイホームをきっかけに絶対に譲れないポイントとして、2帖と小さいながらも書斎を採用した。 でも初めてだからこそ使用している中で思わぬ落とし穴があったのは言うまでもない。 そこで今回は読者の皆さんとその後悔ポイントを共有して書斎や作業環境作りの参考にしてもらいたい。 taka やっぱり夜には電球色の落ち着いた雰囲気で作業をしたい… 仕事終わりにブログを書いたり動画編集したりするのだが、夜に昼白色のダウンライトは明る過ぎるし睡眠の質も落ちる。そもそも夜に作業するなとい ...

2023/1/19

【Apple新作発表】楽しく幸せになるためには最適解を求め過ぎない。

1月18日Appleの新製品発表があり、M2チップ搭載のMac miniとMacBook Proが発表された。 Appleの発表会は良くも悪くも常に物議を巻き起こすイベントで注目度がとにかく高い。 そんな刺激的な発表会を楽しみつつも、インフルエンサーには決して流されない心構えをまとめてみた。 taka 今回の記事いかがだったでしょうか。 最近の新製品に対して、とにかく煽るインフルエンサーの対処も踏まえて自分なりの視点でまとめてみました。 賛否ある内容かと思いますが、コスパだけに縛られずに自分の好きなものを ...

2023/1/16

【話題のマッサージガンをレビュー】製品選びがムズイから要注意!

最近各所で話題になっているマッサージガン。 話題性もあって様々なメーカーから発売されているが、価格と製品の質がとにかくバラバラ… そんなこんなで今回私が、家電量販店やネット通販で探した答えとその経緯も含めてご紹介していきたいと思います。 taka 今回の記事いかがだったでしょうか。 最近流行りのマッサージガンで確かに良いのですが、例に漏れず情弱ホイホイな市場ではありますので製品の見極めはかなり重要になるかと思います。 せっかく買ったのに最初に購入したマッサージガンがポンコツだと、体験としても最悪で印象が悪 ...

2022/12/8

【一条工務店】これから建てる人は必見!一条工務店のよくある気になるポイント5選!

ネットの公式情報や営業マンのトークは嘘まみれ。 この情報が溢れている世の中でそう考えてしまっている人も多いと思う。全てがそうだとは言わないが、少なくとも疑った方がいいとは思う。 昔は「YouTubeやブログはCMじゃないリアルな声が聞けるからいい!」などと言われていたのも今や懐かしい。この記事がただのCMではないリアルな意見かどうかは読者の方々に判断いただきたいが、一条工務店に住んでみてから思う、住む前には気になっていたポイントをまとめてみたからぜひ最後まで読んで欲しい。 taka 家づくりって色々な情報 ...

2022/11/23

【デスク環境】ハードル意外と低い!トラックボールの定番「M575S」 1年使用レビュー

PCでの作業を快適にする為には入力デバイスへのこだわりは重要なポイントだ。 ノートPCではトラックパッドの使い勝手もかなり向上してきてはいるが、まだまだマウスの方が使いやすい。作業も効率的にこなすことができる。 私も以前は当たり前のように普通のマウスを使用していたのだが、効率化と負担減を期待してトラックボールを導入してみた。 最近ではかなり種類も増えてきて、注目もされているトラックボールを約1年使用してみたからそのレビューをしていきたい。 taka いかがだったでしょうか? 今回は約1年愛用してるトラック ...

2022/11/17

【住み心地はいかに】もはや平屋の選択はマイナーでは無くなりつつある。平屋の良さについて改めて考える

もう打ち合わせの頃がなんだか懐かしい…楽しかったけど大変だった何とも言えぬ充実感。 そんな我が家は悩みに悩んで一条工務店で約30坪の平屋を建てた。 このブログを見てくれている方はもうご存知だと思うが、私はこのマイホームが本当に好き。 まさに大満足。 街中で一条工務店ののぼりを見ると何だか嬉しい気持ちになる。 そんなマイホームがとにかく大好きな施主が今だからこそお届けしたい、一条工務店の平屋について熱く語っていきたい。 taka いかがだったでしょうか? 平屋を選択することへの不安も当初は少なからずありまし ...

2022/11/13

【MacBook】意外と少ない⁉︎ブラックがかっこいいノートPCスタンドレビュー

自作PCからMacBook Proへ買い替えて早5ヶ月。 そもそも私がデスクトップPCからの移行理由といえば子供を見ながらでも作業を進める為。だが一つ解決してはまた一つ課題が見えてきた。 その課題の解決のために今回購入した品物が想像以上に良い物だったので紹介していきたい。 taka 今回は購入したKlearlookのノートPCスタンドをご紹介しました。 個人的にもブラックへのこだわりで色々調べた結果、かなり良いもに出会えたと思います! ノートPCで作業をしている方には「こんなスタンドはプロとかオタク向けで ...

-ガジェット, レビュー